京都・清水寺「経堂」【重要文化財】

スポンサードリンク

京都・清水寺「経堂」【重要文化財】

%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%83%bb%e7%b5%8c%e5%a0%82

創建年

  • 不明
再建年

  • 1633年(寛永10年)
  • 2000年(平成12年)
建築様式(造り)

  • 入母屋造
  • 背面庇付
  • 鏡天井
  • 一重
大きさ

  • 桁行五間(奥行:約10m)
  • 梁間四間(横幅:約8m)
屋根の造り

  • 本瓦葺
重要文化財指定年月日

  • 1966年(昭和41年)6月11日
御本尊

  • 釈迦三尊像
  • 脇侍:文殊菩薩
  • 脇侍:普賢菩薩
発願者(寄進者)

  • 徳川家光

清水寺・経堂の読み方

清水寺の境内には難しい漢字の表記のお堂や御本尊がありますが、経堂は「きょうどう」と読みます。

この経堂は、古来では京都・清水寺の「講堂(こうどう)」であったため「講堂」とも呼称されていました。

清水寺・経堂の歴史・由来


スポンサードリンク -Sponsored Link-






清水寺の経堂は西門、三重塔の奥に位置する大きなお堂です。

その堂舎の大きさから見ても分かりますが、創建当初は清水寺の講堂(こうどう)として造営されていますので、清水寺で開催される仏画や工芸品の展示会で利用されることもあります。

「経堂」とは、そもそも経典を納めるお堂のことを指します。

平安時代中頃には「一切経(大蔵経)」と呼称されるお釈迦様の教えが記載された「仏教聖典」が納められ、日本全国から僧侶が集い、学問を精力的に伝わっています。

しかし、「一切経」が清水寺に伝承されていたと言ったような記録は現存しておりません。

清水寺・経堂の建築様式(造り)

経堂は特にこれと言った特徴がない堂舎となりますが、白い壁に丹塗り朱色の柱、黒い蔀戸(しとみど)のコントラストが実によく映え、三重塔と並んだ姿は清水寺を代表する風景の1つともなります。

また見どころとも言えるのが、妻の軒下の「二重虹梁(にじゅうこうりょう)」とそれを支える「大瓶束(たいへいづか)」です。

清水寺の境内の堂舎群にはこの様式が多様されてている印象を受けます。

ご興味のある方は是非!屋根の妻側の軒下に注目して見てください。

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%83%bb%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%83%bb%e5%a6%bb%e5%81%b4%e3%83%bb%e8%bb%92%e4%b8%8b%e4%ba%8c%e9%87%8d%e8%99%b9%e6%a2%81%e3%83%bb%e5%a4%a7%e7%93%b6%e6%9d%9f尚、2000年(平成12年)にも再建(解体・修理)が執り行われ、落慶法要も営まれています。

清水寺・経堂の見所(見どころ)

鏡天井の「円龍」

経堂の特徴としては「鏡天井(かがみてんじょう)」呼称される数枚の板を張り巡らせた「真っ平らな天井」が特徴的です。

この鏡天井には、江戸時代の絵師・「岡村信基(おかむらのぶもと)」による墨絵の「円龍」が描かれています。

%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%83%bb%e7%b5%8c%e5%a0%82%e3%83%bb%e5%86%86%e9%be%8d画像引用先:https://www.instagram.com

尚、岡村信基という人物についてですが、この人物の軌跡を記した資料などがほとんど現存していないことから、謎が多い人物となります。

大涅槃図

毎年2月15日には、お釈迦さまの恩徳(入滅日)を讃える「涅槃会の法要」が執り行われ、その際、堂内には特別に、江戸時代の絵師・山口雪渓の「大涅槃図(だいねはんぞう)」がかけられます。

この大涅槃図は、3.91m×3.03mの大きなものですが、雪渓が1707年(宝永4年)12月から2か月半ほどで描き上げたという記録が残っています。

2003年には約1年を費やして全面的に修復され、鮮やかな色合いが再現されました。

普段は経堂内部を拝観することはできませんが、涅槃会の法要後から約1週間は、この大涅槃会と共に、無料で一般公開されます。

経堂の円龍が清水寺の七不思議!?

実は上述した岡村信基の円龍ですが、夜になると・・なんと!「音羽の滝の水を飲むために経堂を抜け出す」という伝承があるようです。

真偽のほどは分かりかねますが、まさに清水寺のトリビアや七不思議と言えます。

清水寺・経堂の涅槃会(涅槃図の一般公開)の「開催日程・拝観可能時間・拝観料金(入場料金)」など

開催場所:京都市東山区清水1-294(清水寺・経堂内)
開催日程:例年2月15日から1週間程度
開催時間:9時~16時
入場料金(拝観料金):無料※清水寺の入場料金は必要(大人300円・中学生以下200円)

公開時間について

9時から法要が営まれその後に一般公開となります。

京都・清水寺「経堂」へのお問い合わせ先「住所・電話番号・・」など

TEL:075-551-1234
清水寺URL :http://www.kiyomizudera.or.jp/

清水寺・経堂の場所

清水寺の経堂は仁王門から進み三重塔の裏側、田村堂の前方に位置します。

終わりに・・

清水寺の経堂は普段は非公開となっており堂内を拝観することができません。

しかし上述したとおり、期間限定とはなりますが展覧会やその他の法要などで利用されることがありますので、その際には堂内へ入り見学することができます。

堂内を見学したい方は、清水寺のホームページや直接問い合わせするなどして開催日を確認してから機会を見計らって訪れてみてください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ