京都・地主神社の七夕には「索餅」と呼ばれる謎の物が存在する!

スポンサードリンク

京都・地主神社の七夕には「索餅」と呼ばれる謎の物が存在する!

地主神社の創建は、神代の昔とされ、歴代天皇の行幸も仰ぐなど親しまれてきました。

1886年(明治19年)の建都1100年を祝して奉納された絵馬には、当時の風俗と共に良縁祈願の乙女たちの様子が描かれていて昔から身分や性別を問わず、広範な人々から信仰を集めていたことがわかります。

京都・地主神社の少し特殊な「七夕」

京都・地主神社の7月7日は、少し特殊で特別な日となります。

7月7日と言えば、あなたもご存知の「七夕」です。

京都・地主神社の「七夕」は、季節を司れる大祭の1つであり、恋愛成就を盛大に願うお祭りとなります。

京都・地主神社の七夕には「索餅」と呼ばれる謎の物が存在する!この日は、朝から浴衣姿の特に若い女性やカップルが地主神社へ訪れます。

この日の地主神社では、古来からあつい信仰を集めている伝統の神事・「七夕こけしお祓い」が催され「良縁達成」「恋愛成就」を祈願します。

京都・地主神社の「七夕こけしお祓い」

京都・地主神社の「七夕こけしお祓い」地主神社の「七夕こけしお祓い」では、織姫・彦星に見立た「一組のこけし」が授与されています。

この「こけし」に自分と相手(思い人)の名を書き、堅く結び合わせて本殿両側の大笹につるし、恋の願掛けを行いうもので、ご利益を求める多くの人で境内は賑わいます。

七夕は中国生まれのお祭りだった!「日本の七夕の由来と起源」
「七夕」の由来はもともと日本の神事であった棚機(たなばた)と、織姫・彦星の伝説、奈良時代に中国から伝わった「乞巧奠(きっこうでん)の行事」が融合したものといわれています。

「乞巧奠」とは、もともとは織姫(おりひめ)にあやかって「機織り(はたおり」や、裁縫が上達するように7月7日にお祈りをする中国の行事でした。

しかし、日本でも、やがて芸事や書道などの上達も願うようになり、この行事が日本でも用いられるようになり、伝統の七夕行事の1つとなって行きました。

えぇっ?!七夕には「そうめん」を食べる風習がある??


スポンサードリンク -Sponsored Link-






七夕と聞けば、笹に願い事や流れ星に願い事などのイメージが先行して、あまり知られていない伝統があります。

その伝統とは、古来では七夕に「そうめん」を食していたようです。

「そうめん」の先祖は「索餅(さくべい)と」と呼称される「唐のお菓子(唐菓子)」の1つで、7月7日に素麺(そうめん)を食べるという風習は、実は中国から伝わったものだったのです。

ちなみに、「索餅」は奈良時代に遣唐使が仏教と共に中国から持ち込んだものの1つと伝えられています。

索餅↑索餅

中国の伝説によると、昔、7月7日に亡くなって「鬼」となった帝の子が、疫病をはやらせたので、その子の好物だったお菓子である「索餅」をお供えし、疫病を鎮めたという伝記が残っているようです。

このことから、7月7日の七夕には索餅を食べるようになり、無病息災を祈願したと云われております。

「素麺の起源と索餅」

日本でも、中国から七夕の行事が伝わった当初は、同じようにその「お菓子・索餅」を食べていました。

しかし、古来の日本では「索餅」を「索麺(さうめん)」と呼んで食しており、時代を経る過程で「索麺(さうめん)」が、⇒「素麺(そうめん)」と呼び方が推移していったものといわれています。索麺

素麺は1000年以上も食べられている伝統の食べ物だった!!

中国には季節の食事をとって健康を維持するという漢方の考え方があります。

同様に日本でも、夏の食べものの代表である素麺(そうめん)を、七夕の伝統食事として無病息災を祈って食べ続けてきました。

そして、驚くことにこの素麺ですが、なんと!1000年以上も昔から、現代に至るまで変わらずに食され続けてきた歴史があることはあまり知られていません。

七夕に祈願した「良縁達成」「恋愛成就」を叶えるため、「そうめん」とその伝統のもととなった「お菓子(索餅)」を食べ、夏の暑さを乗り越える活力と「無病息災」を期待したいものですね。

【補足】索餅の作り方

実は、これもあまり知られていませんが「索餅」は現代の家庭でも普通に食されています。

作り方は極めて簡単で、「米粉」と「小麦粉」があれば簡単に作ることができます。

索餅作りに用意する物

  • 米粉:100g
  • 小麦粉(薄力粉):100g
  • 塩:小さじ2杯
  • 水:100ml前後
  • 砂糖:お好み(食べる時に振りかける)

 まず、上記の材料である・・
・米粉(100g)
・小麦粉(100g)
・塩(小さじ2杯)
・水(100ml前後)

・・を、混ぜ合わせて、ひたすらコネくりまわします。
※パン生地をコネる要領です。

 粘着が出て伸ばせるくらいになれば、食べれるサイズに小分けします。

 小分けした生地を伸ばしてクネクネとネジっていきます。

 あとは、フライパンで焼きます。

 キツネ色に焼けてきたら完成です。

 最後は、お好みの合わせて砂糖を上から振りかけて、堕落したドテッ腹に流すだけです。

終わりに・・

たまには、少し違った特殊な七夕を演出するのもステキですね。

ご興味のある方は、1度、索餅を自作してみてください。

なんなら、カップルで索餅を作って良いですね

カレ・カノの距離は縮まること間違いなしです。ウフ

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ