京都・清水寺から京都・嵐山へのアクセス・行き方

スポンサードリンク

京都・清水寺から京都・嵐山へのアクセス・行き方

京都・清水寺から京都・嵐山へのアクセス・行き方特に桜の季節や、秋の紅葉の季節など、清水寺とともに、嵐山にも行ってみたいと言う方も多いようです。

ここも鈴虫寺や渡月橋など、みどころは満載ですからね。

清水寺から嵐山に向かうには、どのように行けばよいのでしょうか?

京都・嵐山の電車の最寄り駅

まず、京都・嵐山の電車の最寄り駅は、以下の3つに集約されます。

  • 阪急嵐山線・嵐山駅
  • 京福電鉄嵐山本線・嵐山駅
  • JR山陰本線・嵯峨嵐山駅

京都・嵐山の最寄りバス停

  • 嵐山天龍寺前バス停(京都市営バス・京都バス)
  • 阪急嵐山駅前バス停(京都市営バス・京都バス)
  • 渡月橋北詰バス停(京都市営バス・京都バス)
  • 渡月橋南詰バス停(京都市営バス・京都バス)

清水寺から嵐山へアクセスする場合、上述したようにバスでのアクセスも可能ですが、何せ京都の端から端への移動になりますので、バスでは時間がかかり過ぎます。

ただ、「せっかく京都市営バスの1日乗車券を買ったのだから、この券を精一杯使いたんだぜぃコノヤロウ」というケチでボンビーな方のために以下ではバスでのアクセス方法もご紹介しておきます。ただし道中、渋滞や乗り換え時間も考慮する必要がでてきます。

以上のことから、清水寺から嵐山までの行き方としては、やはり電車でのアクセスがメインとなり「京福電鉄」と「阪急電鉄」が主要な交通機関になります。

以下では、JRを除いた「京福電鉄」と「阪急電鉄」で嵐山駅へのアクセス(行き方)も併せてご紹介しています。

まず、清水寺の最寄りバス停の紹介から・・

  • 五条坂バス停
  • 清水道バス停

清水寺から上記2つのバス停の距離と所要時間は同じです。差があるとすれば1分程度です。

清水寺と2つのバス停の詳細は当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

清水寺から金閣寺へアクセス(行き方)

清水寺から嵐山へのアクセス(行き方)「バス」

上述しておりますが、バスでのアクセス方法は時間がかかるということだけは念頭においてください。

清水寺から嵐山へアクセスする場合、まず、上述した「清水道バス停」か「五条坂バス停」から京都市営バスへ乗車します。下車するバス停は「四条河原町バス停」です。

四条河原町からは、以下の系統のバスへ乗車します。

四条河原町から嵐山まで直通でアクセスするバス・一覧

  • 京都バス:62系統「清滝行き」(午前中のみ)
  • 京都バス:63系統「苔寺行き」
  • 京都バス:66系統「阪急嵐山行き」
  • 京都市市営バス「11系統」

これら4つのバスはすべて直通で四条河原町バス停から嵐山までアクセスできます。

下車するバス停は上述でご紹介した以下の4つのバス停です。

  • 嵐山天龍寺前バス停(京都市営バス・京都バス)
  • 阪急嵐山駅前バス停(京都市営バス・京都バス)
  • 渡月橋北詰バス停(京都市営バス・京都バス)
  • 渡月橋南詰バス停(京都市営バス・京都バス)

尚、これら4つのバス停は密集しています。バス停の順路で行くと「阪急嵐山バス停が最南端」なり、「最北端が嵐山天龍寺バス停」になります。↓地図参照

バスの所要時間

清水寺から四条河原町まで:約15分
四条河原町から嵐山(4つ含めた平均):45分
合計所要時間:約1時間

バス料金

バスの料金は嵐山ほぼ全域までで230円均一の範疇でアクセスすることができます。

京都市営バスおよび京都バスは一律230円で統一されています。京都の観光をバスメインでお考えの場合、必ず1日乗り放題券500円を購入してください。この券1枚で京都市営バスと京都バスがすべて1日乗り放題になります。(この券1枚500円で購入するだけで京都市営バスと京都バスの乗り継ぎが自由に行える。)

京福電鉄(嵐電)と京都市営バスを利用して京都・清水寺から嵐山へのアクセス(行き方)

京都に訪れた際に、乗車して欲しい電車が「京福電気鉄道」通称「嵐電(あらでん)」です。

この電車は鎌倉・江ノ島と同様の昔ながらのレトロ感満載の「ちんちん電車」になります。

よって所要時間は多少かかりますがバスのような渋滞や遅延がないので、幾分かマシです。

清水寺から嵐山までの直通バスは存在せず、バスと電車を乗り継ぐルートとなります。

一般的なのが、清水道バス停およびから、市営バス207系統の、四条大宮・四条河原町方面に乗り、四条大宮で下車。

そこから、京福電鉄嵐山本線に乗車して、終点の嵐山駅で下車します。

清水道バス停(市営バス207系統「四条大宮・四条河原町方面」へ乗車)

(所要時間:15分ほど)

四条大宮(京福電鉄嵐山本線へのりかえ)

(所要時間:25分ほど)

嵐山駅

京都・清水寺から嵐山へのアクセス・行き方 (3)

この電車は「嵐電」の愛称で親しまれており、一両編成の、路面電車のようなかわいらしい電車が、大宮と嵐山の間を往復しており、乗るだけでも楽しい電車です(混雑時には二両編成になる場合もあり)。

合計所要時間と合計運賃

清水寺から清水道バス停および五条坂バス停までの所要時間:約15分
四条大宮から嵐山駅までの所要時間:約25分
合計所要時間:約40分

運賃

京福電気鉄道(嵐電):220円
京都市営バス:230円
総計運賃:440円

阪急電鉄」と京都市バスで京都・清水寺から嵐山への行き方

ただ、道路事情により、四条大宮まで辿り着くのに時間がかかる場合もあるので、途中の「四条河原町バス停」で下車し、阪急河原町駅から阪急京都線に乗り、桂駅で阪急嵐山線に乗り換えると言う手もあります。

清水道バス停および五条坂バス停(市営バス207系統「四条大宮・四条河原町方面」へ乗車)

(所要時間:15分ほど)

四条河原町(阪急京都線へのりかえ)

(所要時間:20分ほど)

嵐山駅

京都・清水寺から嵐山へのアクセス・行き方 (2)

阪急電車の運賃:220円
バス運賃:230円
合計料金:片道450円

所要時間

乗り換えの手間があるものの、それでも乗り換え時間を含めて、20分足らずで、嵐山に到着します。清水寺道バス停・五条坂バス停からの所要時間は約15分。

  • 総計所要時間:約35分

「JR」と「京都市営バス」を利用した清水寺から嵐山へのアクセス(行き方)

上述しておりますが、JRには「嵯峨嵐山駅」という駅が存在し、嵐山までJRが乗り入れしています。

この駅は上述した「嵯峨嵐山バス停」および「京福電車の嵐山駅」から北へ徒歩約10分ほどの場所に位置します。よって嵐山観光における主要な駅として見ることができます。

京福電気鉄道「嵐山駅」からJR「嵯峨嵐山駅」の地図

JR嵯峨嵐山駅までアクセスするためには、まず清水寺から一番近いJRの駅にアクセスする必要があります。

清水寺から一番近いJR最寄り駅がJR丹波口駅になります。

よって五条坂バス停もしくは清水道バス停から80系統のバスへ乗車して「リサーチパーク前バス停」で下車します。バスの本数は土日祝日、平日と平均して夕方くらいまで1時間に2本から3本ほど運行しています。(午前中は3本。寺社の拝観時間を過ぎた時刻から本数が減る)

リサーチパーク前バス停から南東へ向くとJR丹波口駅が見えています。

JR丹波口駅からJRに乗車してJR嵯峨野線・JR嵯峨嵐山駅で下車します。

清水寺からJR嵯峨嵐山駅までの「合計所要時間と合計運賃」

五条坂バス停・清水道バス停からリサーチパーク前バス停までの所要時間は約15分。

リサーチパーク前バス停からJR丹波口駅までの徒歩での所要時間は約2分です。

JR丹波口駅からJR嵯峨嵐山までの所要時間が約12分です。

総計所要時間:約30分

総計運賃:京都市営バス230円、JR200円=合計430円

おわりに・・

阪急嵐山線の電車は、かつて京都線で使われていた特急用の車両を、座席などもそのままにして使用しており、快適な旅が楽しめると思います。

また、行楽シーズンには、河原町から嵐山までの直通特急が走る場合もあります。

のんびり行きたいなら嵐電経由で、急ぎたい方は、JRか阪急経由で行くのが良さそうです。

嵐電にせよ、阪急嵐山線にせよ、乗って楽しむ電車でもあるので、嵐山に思いを馳せつつ、電車の旅を楽しむのもよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ