京都・清水寺の「胎内めぐり」って何?洞窟内の母親のヘソの緒を辿ると真実が見える?!

スポンサードリンク

京都・清水寺の「胎内めぐり」って何?洞窟内の母親のヘソの緒を辿ると真実が見える?!

清水寺で胎内めぐりができる?!

胎内ってお母さんのお腹の中のことですよね?

そんなところが清水寺にあるのでしょうか?

実は、あるんです。

それも、あまり知られていません。

それもそのハズで、この胎内めぐりは、2000年からスタートしたものなのです。

その胎内めぐりができるのはどこなのかと言うと、三重塔の北西にある、「随求堂(ずいぐどう)」です。

清水寺・随求堂の「胎内くぐり」この随求堂には、人々の願いや求めに随って(したがって)、願いを叶えてくれる、大随求菩薩(だいずいぐぼさつ)が、ご本尊として祀られています。

京都・清水寺の「胎内めぐり」って何?洞窟内の母親のヘソの緒を辿ると真実が見える?!↑随求堂・随求菩薩の写真(画像)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






しかし、この他にも、安産、子授けの神とされる、「粟島明神」や絶対秘仏の「大聖歓喜天」も祀られているのです。

安産にご利益がある神様が祀られているともなれば、ここに胎内めぐりできるところができたというのも、頷けますよね。

胎内めぐりは、ここのご本尊である、大随求菩薩のお腹の中をイメージしています。

ちなみに、大随求菩薩はこの随求堂(慈心院/じしんいん)のご本尊で秘仏となります。

中に入ると、真っ暗で、参拝者は、壁に巡らされた数珠を頼りに奥へと進んでいきます。
この暗闇は、母親の身体そのものを表しているのだとか。

京都・清水寺の随求堂の洞窟の中(胎内めぐり)

京都・清水寺の随求堂の洞窟の中(胎内めぐり)まず、入れば真っ暗闇が襲ってきます。つまり、明るい外の風情とは異なり、急に暗闇が現れますので、視界が急に閉ざされます。

たよりは、大数珠と呼ばれる数珠だけです。

この数珠を触りながら、途中に幾度かの屈折路(ゆるいカーブ)を進みながら、しばらく進むと、ボヤっと、一ヶ所だけ明るい部分が現れ、まるで夢でも見ているかのような幻想的な空間が現れます。

そして、そのやや中央に石が置いてあるのです。

この石は「随求石」といい、大随求菩薩のシンボルである「梵字(ハラ)」が刻まれています。

その石をなでながら、出っ張り(塔のようなもの)を、回してお祈りを捧げると、一つだけ願い事をすると、その願いが叶うと言われています。

その光は、まるで母親の優しさのようです。

そして暗闇から抜け出し、元の世界へ戻ってきたとき、自分を産んでくれた事への感謝の気持ちと、新しい自分に生まれ変わった気持ちに包まれること間違いなしです。

この胎内めぐりを体験するには、清水寺の拝観料とは別に100円の拝観料が必要になります。

また、16時を以て、受付が終了するのでご注意下さい。

京都清水寺・随求堂の胎内めぐりの所要時間

胎内めぐりの所要時間は、約5分程度です。

洞窟内は暗くて恐怖心に襲われますが、他にも人がいるので安心できます。

胎内めぐりの時間・料金

  • 9時から16時まで
  • 入場料金(拝観料金):100円(小学生以上)

京都・清水寺(随求堂)慈心院の塔頭(たっちゅう)

創建年

  • 1718年(皇紀2378)享保3年
大きさ・「前堂」

  • 横幅:約16m
  • 奥行き:約10m
大きさ・「後堂」

  • 横幅:不明
  • 奥行き:不明
大随求菩薩の別名

  • 随求菩薩
  • 随求大明王
京都・清水寺(随求堂)慈心院のご利益

大随求菩薩は、「万能の菩薩様」と云われていますので、心からのお祈りを捧げることで、万能のご利益を授かることができます。

※なお、慈心院の創建年に関しては2006年に行われたお堂の修繕により、建立の年を記載した札が発見され、これにより創建年が判明したそうです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ