京都・清水寺の御朱印・「御詠歌」の「意味・由来・読み方」って?!

スポンサードリンク

京都・清水寺の御朱印・「御詠歌」の「意味・由来・読み方」って?!

京都・清水寺の御朱印・「御詠歌」の「意味・由来・読み方」って?!西国三十三霊場の第十六番札所でもある、京都の清水寺。

西国三十三箇所巡礼のすべてのお寺には、そのお寺にちなんだ「御詠歌」が存在します。

当然、清水寺にも「御詠歌」があり、その「御詠歌」も、御朱印としていただけるのです。

ところで「御詠歌」って何?

御詠歌とは、御詠歌(ごえいか)と、読みます。
仏教の教えを、五・七・五・七・七の和歌にして、旋律に乗せて唱えるもので、日本仏教における、平安時代から伝わる宗教的な伝統芸能の一つです。

五七調、または、七五調の詞に曲を付けたものを「和讃」と呼ぶことがありますが、広義の意味で、両者を合わせて「御詠歌」と呼ぶことがあります。

静けさが成る「御詠歌」と「ドンちゃん騒ぎのお祭り」との意外な接点

静けさが成る「御詠歌」と「ドンちゃん騒ぎのお祭り」との意外な接点「御詠歌」の際には、鈴や鉦鼓(しょうこ。雅楽で使われる打楽器の一つ)が用いられ、これは宗派によって違います。

清水寺では、鈴が使われるようです。

かつては田舎に行けば、本家に集まっては「御詠歌」をあげ、その後も祭りのように騒いだようです。

しかし、近年は宗教への解釈の違いや、伝統の断絶、さらには騒音などの問題もあり、「御詠歌」を唱える地域は、限られてきているようです。

西国三十三箇所巡礼の「御詠歌」のこんな由来と歴史

「御詠歌」の御朱印西国三十三箇所巡礼の「御詠歌」は、19歳の時に出家して、天皇の座を降りた花山法皇が、観音巡礼をした際に詠んだのが始まりとされています。

そして、これが日本最古の「御詠歌」と呼ばれています。

ただし、この日本最古の「御詠歌」には、別の説もあるようです。

清水寺の「御詠歌」の意味

さて、清水寺の「御詠歌」はどんなものか見てみましょう。

清水寺の「御詠歌」は以下のような「御詠歌」です。

松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は すずしかるらん

ちなみに、余談にはなりますが、この「御詠歌」は、清水寺の拝観券の裏にも記載されています。

そして、この清水寺の「御詠歌」の意味とは、以下のような意味合いになります。

清らかな覚りに導いていただける菩薩の説法に触れ、

音羽の滝の清らかな水で、心を洗い清めることを通じて、

様々な煩悩から、心から、解放されるようになれば、

心は平静を取り戻し、

清らかな心境をずっと維持する事ができるであろう。

と、この歌には、そんな意味合いが込められているといいます。

「御詠歌」が綴られている御朱印を購入できる(いただける)場所

この「御詠歌」が綴られている御朱印は、「本堂東側の御朱印所」でいただくことができます。

「御詠歌」が綴られている御朱印を購入できる(いただける)場所

歌人の歌の真意を知り、共鳴しあった安らかな心で、朱印をいただく。

こんな風流を抱き、贅沢な気配に包まれながら、参拝ができると言ったことも、清水寺の魅力の一つと言えますね。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ