意外な事実!京都・清水寺の三重塔「歴史・由来・大きさ(高さ)・建築様式・建てた人」と「修理(工事)」(写真・画像つき)

スポンサードリンク

意外な事実!京都・清水寺の三重塔「歴史・由来・大きさ(高さ)・建築様式・建てた人」と「修理(工事)」(写真・画像つき)

意外な事実!京都・清水寺の三重塔「歴史・由来・大きさ(高さ)・建築様式・建てた人」と「修理(工事)」(写真・画像つき)

創建年

  • 847年(承和14年/平安時代)【重要文化財】
再建年

  • 1632年(寛永9年/江戸時代初頭)
  • 1987年(昭和62年
大きさ

  • 横幅:三間(約5.5m)
  • 奥行:三間(約5.5m)
高さ

  • 約31m
建築様式(造り)

  • 三重(供養塔)
屋根造り

  • 本瓦葺
重要文化財指定年月日

  • 1966年(昭和41年)6月11日

スポンサードリンク -Sponsored Link-






京都・清水寺「三重塔」の歴史・由来

「清水の舞台」や「音羽の滝」などとともに、清水寺のシンボルとなっているのが、仁王門のすぐ近くにある三重塔です。

この塔が建立されたのは847年で、時の天皇である嵯峨天皇の皇太子が生まれたことにより、葛井(かどい)親王が勅命を奉じて創建されたと伝えられています。

その後、何度か消失を繰り返し、現在まで伝えられているのは、1632年に再建されたものを、1987年に解体修理し、復元されたものです。

その復元ぶりが実に見事で、再建当初の朱の総丹塗りや、桃山文化を象徴する鮮やかな極彩色文様が復元され、その緻密さや配色の妙に驚かされます。

内部には大日如来像が祀られ、また、四方の壁には真言八祖像が、さらに天井や柱には、密教仏画や飛天、龍などが、これまた極彩色で描かれています。

高さは31メートルを誇ります。

これは、国内の三重塔としては、最大級のもので、近くからはもちろん、遠くからでも、その建築美を堪能でき、東山のシンボルとも言われています。

この塔の隠れたポイントは、屋根の鬼瓦です。

四隅にある鬼瓦のうち、南東の鬼瓦だけは、なぜか龍神の鬼瓦なのです。

これは、北西は愛宕山に鎮座する「火伏せの神」に守られているのに対し、反対側の南東は弱点になるため、水の神である龍神を置いたのだとも云われております。

この三重塔やひいては清水寺自身のみならず、京都の街のあちこちの寺で火災や戦などによる消失を経験しており、京都の人がいかに火災を恐れていたかと言うのを物語っています。

ちなみに、1629年(寛永6年)に清水寺を大火災に襲われています。

その際、仁王門だけは何とか難を避けることができ、他は全焼しています。

つまり、清水寺の境内にて今現在見ることのできるお堂など、1629年(寛永6年)に再建された建屋ということとなります。

清水寺・三重塔の場所

清水寺の三重塔は仁王門から境内に入り、右手に位置します。西門の裏手ぐらいになります。近くに拝観料金を支払う窓口があります。

 

ところで、この仁王門近くにある三重塔のほかに、もう一つ三重塔があるのをご存知でしょうか?

京都・清水寺のもう1つの三重塔「子安塔」

京都・清水寺のもう1つの三重塔「子安塔」それは、泰山寺の北側にある、「子安塔」と呼ばれるものです。

この塔は創建時期は明らかになっていないのですが、聖武天皇や光明皇后の祈願所とされていたとも言われており、三重塔よりも前に建立されたのではないかと考えられます。

もともとは三重塔と対をなすように、仁王門の左側に建っていたのですが、時期は不明ですが、現在の位置に移されました。

高さは15メートルと、三重塔と比べて小ぶりで、内部には子安観音と呼ばれる千手観音が祀られ、安産にご利益があると言われています。

2013年に修復され、建立当時の朱塗りの塔が再現されました。

西門から三重塔、さらに経堂、開山堂、轟門、朝倉堂、回廊、そして本堂と並ぶ風景は、まさに圧巻です。

子安塔に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

京都・清水寺「子安塔」【重要文化財】

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ