京都・清水寺の御朱印帳の「販売場所・値段(価格)・表紙の素材・大きさ(サイズ)」情報一覧

スポンサードリンク

京都・清水寺の御朱印帳の「販売場所・値段(価格)・表紙の素材・大きさ(サイズ)」情報一覧

コチラのページでは、清水寺で購入できるオリジナルの御朱印帳について、それぞれの値段や大きさ、販売場所、時間などをご紹介します!

2種類の清水寺のオリジナル(公式)の御朱印帳

平成26年6月に、清水寺のオリジナルの御朱印帳が登場しました。

色はエンジと紺の2種類があります。

裏表紙には、右上に、清水寺の寺紋が、また、左下には「音羽山 清水寺」の文字が記載されています。

清水寺のオリジナル(公式)の御朱印帳・「紺色」

2種類の清水寺のオリジナルの御朱印帳 (2)

清水寺のオリジナルの御朱印帳・「エンジ色

2種類の清水寺のオリジナルの御朱印帳

 

京都・清水寺のオリジナル御朱印帳の「値段(価格)」

  • 値段は紺・エンジともに1200円。

京都・清水寺のオリジナル御朱印帳の「大きさ(サイズ)」

  • タテが18センチ
  • 横が12センチ

表紙には、清水の舞台が描かれており、左側に、名前などを入れていただく事ができます。

京都・清水寺の御朱印帳の「表紙の素材」

  • 表紙は布製で、ページは「蛇腹(ジャバラ)式」となっています。

清水寺・舞台の御朱印帳(公式)

現在ではさらにもう1種類、清水寺の公式御朱印帳が販売されており、上記の公式御朱印帳と合わせると3種類になります。

この御朱印帳も同じく舞台が描かれた御朱印帳ですが、舞台の上には淡い水色の青空が広がり、秋の舞台下の彩りである錦雲渓をいちょう色でデザインされた御朱印帳となります。

サイズは上記の御朱印帳と同じですが、素材が少し異なり表紙が布張りではありません。

  • 値段:1200円

仏足石の御朱印帳

清水寺の舞台でも義経と弁慶の決闘が繰り広げられたという言い伝えがあり、清水寺には弁慶の足跡とも云われる「仏足石」というクソデカイ人の足跡が残った石が飾られています。

この仏足石を表現した御朱印帳となり、表紙に仏足石のデザインが施されています。

 

  • 値段:1200円

※御朱印帳の画像(写真)は上記を参照。

牛若丸の御朱印帳

上述したように弁慶と義経の決闘が清水寺舞台でも繰り広げられたことから、弁慶の相手の義経(牛若丸)がモチーフとしてデザインされた御朱印帳になります。

仏足石の御朱印帳と比較すると牛若丸の御朱印帳は可愛いデザインの御朱印帳です。

 

  • 値段:1200円

※御朱印帳の画像(写真)は上記を参照。

唐草模様と法輪の御朱印帳

紺地に金色の唐草模様と法輪の模様が描かれている御朱印帳になります。

全体が金色の唐草模様で描かれていますので、少し高級感が味わえるリッチな御朱印帳になります

唐草模様は古来、吉祥を示す模様の1つと言い伝えられており、そう言った意味合いで唐草模様があしらわれています。

 

  • 値段:1200円

※御朱印帳の画像(写真)は上記を参照。

西国三十三箇所巡りの御朱印帳

西国三十三箇所巡りとは、日本最古の巡礼であり、近畿2府4県と岐阜県内に幾つか現存する33か所の寺院(観音信仰の霊場)を巡るものです。

清水寺は西国三十三箇所巡りの第16番霊所に指定されています。

 

  • 値段:1000円

※御朱印帳の画像(写真)は上記を参照。

京都・清水寺のオリジナル御朱印帳が「購入できる場所」

御朱印は阿弥陀堂奥の院・滝の堂(音羽の滝の売店)でも授与されていますが、御朱印帳は本堂裏にある納経所のみで購入が可能です(御朱印代は別です)。

京都・清水寺のオリジナル御朱印帳が「購入できる時間」

  • 8時から閉門時間まで(通常は18時または18時30分)
清水寺の拝観時間

  • 基本の拝観時間:6時から18時まで

・4月の上旬から7月31日の土日祝に限り18時30分まで開門(30分延長)
・8月は18時30分まで開門(30分延長)

清水寺では、夜間特別拝観(ライトアップ)も行われています。

この期間中は、本堂裏の納経所は夜間も営業しています。

 

夜間特別拝観(ライトアップ)の実施日程・時間などは、当サイトの以下のページ↓でご確認ください。

京都・清水寺のライトアップ四季「春・夏・秋(紅葉)」の混雑状況・拝観料金・見どころ..etc


スポンサードリンク -Sponsored Link-






洛陽三十三観音巡礼の札所の公式御朱印帳(納経帳)

洛陽三十三観音巡礼の札所からも公式の御朱印帳が販売されています。

洛陽三十三観音巡礼とは?

洛陽三十三所観音霊場(らくようさんじゅうさんしょかんのんれいじょう)とは、観音菩薩(かんのんぼさつ)をお祀りする京都市内の33ヶ所の寺院のことです。この京都市内の33ヶ所もの寺院は、平安時代に「後白河法皇」が、決めたそうです。これらを巡るのが、洛陽三十三観音巡礼となります。

京都府京都市内の洛陽三十三観音巡礼の札所

洛陽三十三観音巡礼の札所の一部は以下の通りです。

  • 清水寺の本堂(第十二番札所)
  • 善光寺堂(第十番札所)
  • 奥の院(第十一番札所)
  • 朝倉堂(第十三番札所)
  • 泰産寺(第十四番札所)

洛陽三十三観音巡礼の札所の公式御朱印帳は2種類あります。

一つは、ベージュの表紙に、オレンジ色の六角形のデザインが施されていて、紐綴じ式になっています。

洛陽三十三観音巡礼の札所の公式御朱印帳・オレンジ色(紐綴じ式)

洛陽三十三観音巡礼の札所の公式御朱印帳には2種類あります。

この御朱印帳(納経帳)は他の御朱印帳よりも少しサイズが大きいものとなります。

もう一つは、無地のシンプルな表紙になっています。お色は2色あり「紺色と白色」になります。

  • 値段(価格):1500円

洛陽三十三観音巡礼の札所の公式御朱印帳・「シンプル紺色」

洛陽三十三観音巡礼の札所の公式御朱印帳には2種類あります。 (2)

  • 値段(価格):1000円

洛陽三十三観音巡礼の札所の公式御朱印帳・「シンプル白色」

洛陽三十三観音巡礼の札所の公式御朱印帳には2種類あります。 (3)

  • 値段(価格):1000円

 

洛陽再興十周年記念納経帳

洛陽再興十周年記念に販売されている納経帳にです。

 

  • 値段:1200円
洛陽三十三観音巡礼の札所の公式御朱印帳の購入できる場所

洛陽三十三観音巡礼の札所の公式御朱印帳は清水寺に置いてあるかどうかは不明ですが、以下の場所で購入することができます。

  • 第一番札所である六角堂
  • 頂法寺
  • 第二十三番札所の東寺
  • さらに、第三十一番札所の東向観音寺

などの、「札所寺院」でも取り扱っているようです。

 

西国三十三箇所巡礼の公式御朱印帳(納経帳)

西国三十三箇所巡礼の公式御朱印帳(納経帳) (4)さらに、清水寺は、西国三十三箇所巡礼の、「第十六番札所」でもあります。

西国三十三箇所巡礼の公式御朱印帳というものは存在しませんが「納経帳(のうきょうちょう)」と言うものであれば、いくつか存在します。

西国三十三箇所巡礼の公式御朱印帳(納経帳)・「シンプル:紺色」

西国三十三箇所巡礼の公式御朱印帳(納経帳) (5)

西国三十三箇所巡礼の公式御朱印帳(納経帳)の値段(価格)

  • 西国三十三箇所巡礼の「納経帳」の値段は、紺色のシンプルな表紙であれば、「1080円」で購入できます。

西国三十三箇所巡礼の公式御朱印帳(納経帳)「水彩画入り・巾着袋付き」

一方で、水彩画の入った、巾着袋付きの豪華版もあります。

西国三十三箇所巡礼の公式御朱印帳(納経帳) (2)水彩画の入った、巾着袋付きの豪華版西国三十三箇所巡礼の公式御朱印帳(納経帳) (3)

西国三十三箇所巡礼の公式御朱印帳(納経帳)の値段(価格)

  • 販売サイトにもよりますが、「3000円」を超えるものもあるようです。

これらは、通販大手の「Amazon(アマゾン)」などの通信販売でも取り扱っています。

御朱印だけでは、物足りず、御朱印帳をもコレクションしたい方であれば、ぜひ、参考にしていただければと思います。

 

清水寺の御朱印の種類や値段に関しては当サイトの以下の別ページにてご紹介しております。

【期間限定の御朱印ふくむ】京都・ 清水寺の御朱印の「種類・値段(料金)・場所」

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ