【限定御朱印は….Ah】日限地蔵尊(安祥院)の御朱印一覧!種類や冥加料(値段)と受付時間(場所)を.‥知るつもりぃ❓

スポンサードリンク

日限地蔵尊(ひぎりじぞうそん/安祥院)でいただける御朱印

通常頒布の御朱印

  1. 御本尊「阿弥陀如来」の御朱印【洛陽六阿弥陀・第4番】

期間限定頒布の御朱印

‥‥‥現在のところ特になし。

入口となる山門

通常頒布の御朱印

御本尊「阿弥陀如来」の御朱印【洛陽六阿弥陀・第4番】

令和4年バージョン

印判

「洛陽六阿弥陀・第四番」

「東山 安祥院 日限」

左上に日限地蔵の御影を陰刻した印判

中央には火焔宝珠の中に「阿弥陀如来の種字(梵字)である「キリク(キリーク)」の陰刻

墨書き

「奉拝 阿弥陀如来 日限地蔵尊」「京・東山 安祥院 木喰寺」

右端に参拝日の墨書きが入る。

「洛陽六阿弥陀」とは❓

「洛陽六阿弥陀(らくようろくあみだ)」とは、「木食正禅上人(もくじき しょうぜん しょうにん)」の発願により始まった巡礼。

京都市内の阿弥陀如来像を奉斎する6つの霊場(寺院)を巡拝することを云ぅ。

この巡拝を3年3ヶ月続けると祈願成就、無病息災、一族繁栄、健康長寿などのご利益を授かることができると云われる。

【補足】京都・洛陽六阿弥陀 一覧

  • 1番:真如堂
  • 2番:永観堂
  • 3番:清水寺・阿弥陀堂
  • 4番:安祥院(日限さん)
  • 5番:安養寺
  • 6番:誓願寺
洛陽六阿弥陀参りの縁日(法要)一覧

1月15日、2月8日、3月14日、4月15日、5月18日、6月19日、7月14日、8月15日、9月18日、10月8日、11月24日、12月24日

上記の日(阿弥陀如来の縁日とされる)に巡礼すると、古来、より良き霊験が得られると云われる。(本来は3年3ヶ月巡拝する行)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






日限地蔵尊(安祥院)の御朱印受付場所(地図)

  • 境内の受付(寺務所兼、授与所)

地蔵堂の手前。

上空からの境内図

日限地蔵尊(安祥院)の交通アクセス

市バス「五条坂」下車、徒歩約5分

駐車場

駐車場は関係者・檀家専用。一般車両は原則、駐車不可。(但し、ご祈祷を申し込まれる場合は応相談)

以下は清水寺周辺(五条坂周辺)のオススメ駐車場を集録しているので要‥チェックやでぃ❗️

御朱印の受付時間

境内は6時から18時まで(御朱印受付時間は8時頃から17時頃まで)
※現在、コロナ禍の現状下、感染拡大防止ために御朱印は基本、お書きしていないとのこと。(すでに書いた紙でのお渡しの場合あり)
※早朝も(住職が)居れば受付されるとのこと。(早朝は勤行中で出て来られない場合あり。)
※住職不在の場合はいただけないこともある。

拝観料金

  • 必要なし(無料)

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ