京都・清水寺には👻妖怪💀(鵺/ヌエ)がいて今でも塚を守っている?!

スポンサードリンク

清水寺の境内の西側にある「六花亭」と言うお茶屋。

みたらし団子や、わらび餅、「ところてん」などが評判で、とても人気があるのだが、その右側にはかつて「毛朱一竹塚(もうしゅいちちくつか)」と言う謎に満ちた塚があったそうな。

別名で「鵺(ぬえ)の塚」とも呼ばれ、「源平盛衰記」や「閑田次筆」などの旧記によれば、ここに「鵺の遺骸」が埋められていたらっしぅぃ〜。ヌエっ(”ヌエ”だけに)

ところで・・「鵺」とは?

鵺とは古来、日本に伝承される妖怪のこと。

その姿には諸説あるものの特徴を挙げると以下↓の通り。

  • 顔は猿
  • 胴体はタヌキ
  • 手足は虎
  • 尾っぽは蛇

‥‥‥などなど、およそ何種もの動物が合わさっているような複雑な事情を抱えた妖怪と言える。…複雑な事情? どんな事情や

鵺と言うのは、日本に古来から伝承される妖怪のこと引用先:https://ja.wikipedia.org

【補足】源平盛衰記に記される鵺の姿

鎌倉時代中期から南北朝期に成立した平家物語の異本の1つである「源平盛衰記(げんぺいせいすいき/作者は不明)」にも次のような鵺の姿が記されてい‥‥‥申す。ヌエっ(さっきの”ヌエっと”はまた違う”ヌエっ”)

  • 顔は猿
  • 背中は虎
  • 足はタヌキ
  • 尾っぽはキツネ

スポンサードリンク -Sponsored Link-






鵺と京都・清水寺との想像を絶する過去

これは平安時代末期のお話。

当時の天皇である二条天皇の住む御所は「清涼殿」と呼ばれた場所だった。

実は、この清涼殿は毎晩、黒煙に包まれていて、その黒煙の中から不気味な鳴き声が周囲に響き渡っていたそうな。

その清涼殿で暮らす二条天皇は、この不気味で少しセクシぅぃ~💕な鳴き声に悩殺されてしまい、病気になって伏せってしまいました。ホンマかぃ ..悩殺されたぃ💋

そこで天皇は弓の達人だった源頼政にこの怪物退治を命じ、頼政は家来の猪早太(いの はやた)を随従させて清涼殿へ赴く。

清涼殿に到着した頼政は、さっそうと黒煙の中に入る。すると、突如として上空に怪物が現れ、頼政に襲いかかってくるのだが、歴戦のツワモノ(兵)だった頼政は物怖じせず、源頼光よりの祖先代々受け継がれる弓矢を引きつがえ、矢を放ったのだった。

矢は見事に鵺へ命中し、鵺は悲鳴をあげるとともに急に全身の力が抜けたように清涼殿へ急落下し、猪早太は落ちてくる鵺を見ながら走り込み、鵺にトドメを刺すことに成功する。

その後、現在の六花亭付近となる清水寺境内へ鵺は埋められ、その上には塚が築かれた。

京都・清水寺には、妖怪(鵺)がいて、今でも塚を守っている?!

現今の六花亭周辺は、平穏に満ちた落ち着いた場所ではあるが、かつてはこんなにも恐ろしいものが埋められていたということを考えるだけでもゾッとす‥‥るの❓ どっちや

トドメを刺された鵺のその後

猪早太にトドメを刺された鵺のその後については諸説あり、たとえば‥‥

  • 祟り(タタり)を恐れて鵺の遺骸を鴨川に流した。
  • 鵺の死霊が馬となり、源頼政に飼われていた。
  • 塚を三年坂に築いて鵺を葬った(三年坂の途中にも毛朱一竹塚があったとされる)

など。ウホっ

‥‥‥で、その鵺、結局、最終的にドコいったの❓

ひょっとして、まだ六花亭の地中に埋まっていたりとか。 ‥‥‥はてさて。

京都・清水寺の鵺の正体は源頼政の母親だった⁉️

愛媛県の「久万高原町(くまこうげん まち)」と言う町では、鵺の正体は驚くことになんと!その鵺を射落とした源頼政の母親であるといぅ俗信がある。

当時、愛媛県に隠れ住んでいたとされる源頼政の母親は、息子である頼政の武運と衰退した源氏の再興を願い、日々、龍神に祈願していたそうな。

しかし、頼政への思いと平家への溢れ出る憎悪が、頼政の母の身体をむしばみ、やがて鵺へと変化させたのだとか。

正体そのものも謎で、トドメを刺された後のエピソードについても謎まみれの鵺。

今では正体がつかめなかったり、ハッキリしない人のことを「鵺」と呼ぶこともあるそぅだが、鵺の起源とは、まさにこのようなことが由来になっているとも考えられる。

「和漢三才図絵」での鵺の正体の解釈

江戸時代に編纂された「和漢三才図絵(わかんさんさいずえ)」では、驚くことになんとぉぅ!「鵺」と書いて「野鳥」のことだと紹介してい‥‥‥申す。チュンっ(野鳥だけに)

具体的にはヒタキ科のトラツグミで体長約30㎝のカラス並みのガタイを誇り、村里にほど近い森林地帯に生息すると書き記す。

トラツグミは特に京都府で見られる機会の多い鳥とされ、年間を通して見られることもあり、特に珍鳥の類にはされていない。

餌は落ち葉の下のミミズや昆虫を啄ばんで採餌する。春から夏に繁殖期を迎えるのだが、この間、薄気味悪い声で夜〜早朝にかけてさえずる。

トラツグミの鳴き声

※動画と画像は日本野鳥の会・京都支部より

‥確かに薄気味悪ぃ。夜にこの声を聞いたら、もぅ恐怖のあまりラリっちまって朝までハッピーになりそぅだぜぃ!ヒャッホ〜!イェぇぇ〜イ! ”ラリっちまぅ”のは君だけや

‥‥こホンっ!

とまぁ、以上のように源頼政が弓で射たのは、野鳥の鵺だったのではないかとも考えられてい‥‥‥申す。ツグミャっ(ツグミだけに)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






三年坂に伝わる鵺に関する奇譚

この話は「平家物語(長門本)」にも記されているものになるが、平安末期のこと。清水寺に参籠(千日参詣)していた平清盛はある日の深夜、うとうとと居眠りをこいてしまぃ夢を見たが、後に陰陽師の卜占により、夢は吉兆とされた。

その7日後、内裏の宿直として警護にあたっていたある夜のこと、未知の鳥が突如、飛来し、暗闇を舞ぃ飛んだ。

清盛はその鳥をなんとか捕縛し、評定衆を集めて見せたところ、どうやら「毛朱(もうしゅ)」と呼ばれる獣であることが分かった。(源平盛衰記には「一竹」という名前の妖怪であるとしている)

【補足】「毛朱」の意味

「毛朱」を辞書で調べると「毛朱 (モミ)」。動物。齧歯目の獣,ムササビに似る。モモンガの別称と出てくる。(江戸時代の儒学者・朝川善庵は毛朱はモモンガの誤記であるとしている。)

または「毛朱(もうしゅ)」とも呼ばれ、年老いたネズミを指すとも。

その後、陰陽寮の陰陽博士にも見せたところ、垂仁天皇(第十一代天皇)三年の2月2日にも毛朱が現出し、警護の者たちは捕縛しようしたが、力及ばずこれを取り逃がしてしまい、その後、天下は21年にわたる飢饉や兵乱に見舞われたと云われる。

その前例を鑑みれば、それを捕縛したのは逆に吉兆を告げるものと判断され、その後、陰陽師に言われたとおり、毛朱を竹の筒にブチ入れて三年坂の途中に塚(土を盛り付けた墓)を築いて、その下に埋めたと云ぅ。

その後、清盛は安芸守に任ぜられる幸運に見舞われ、既知のとおり、一族郎党、大いに繁栄を極めた。

この話を耳にした時の天皇たちも自身が病気になった時、自身の代理となる勅使を塚へ参向させ、病気平癒の祭祀を執り行ったと云ぅ。

この清盛が建てた塚は後の世で「毛朱一竹塚」と呼ばれ、大正時代まで三年坂の途中にあったと伝わる。

つまりのところ、清水寺境内に塚が築かれた説と三年坂に塚が築かれたといぅ、2つの説が存在することになるのだが、そもそもこの毛朱一竹塚の話の出どころは「坂の者」と呼ばれた人々が語り継いだとされる根拠のない噂話とされる。

「坂の者」とは、死骸を運んだり、都や寺社の清掃の役を担った者のこと。一説には祇園社(八坂神社)の下級神官と云われ、京都中で死人がでればその死骸を清水寺付近にあった鳥辺野(とりべの)という埋葬地へ葬送したと云われる。

「坂の者」については詳細は下記ページを参照。

江戸後期の随筆集「閑田次筆」にも記されている

伴蒿蹊(ばん こうけい)が著した江戸後期の随筆集「閑田次筆(かんでんじひつ)」によると、寛政初頭(1789~1801年/江戸時代後期)に清水寺の六坊(支院)を修繕することになり、寺の前の通りの土を掘り返したそうな。

すると、土中から石棺のようなものが見つかったのだが、程なく石棺を掘った者、寺の僧侶たち、そしてその修繕を計画した者たちまでもが、次々と原因不明の病を患い、次々と死去したそうな。

その後ただちに調査が開始されると、上述した源平盛衰記に記された内容が浮上し、急ぎ、祠を築いて2度と石棺を堀り起こさないように地中深くに埋没させたと云ぅ。

どうやら清盛が築いた塚は星霜経ながら消失し、人々の間でも鵺の話などスッカリかりかりカリカリ梅酸っぱ!‥‥てなほど、忘れ去れていたことになる。どんな度合いや (そろそろクダリもねぇ…)

清水寺境内・周辺の観光スポット一覧

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ