「清水寺の舞台から飛び降りる」の意味(使い方)・由来・歴史「飛び降りる理由」

スポンサードリンク

「清水寺の舞台から飛び降りる」の意味(使い方)・由来・歴史「飛び降りる理由」

「清水の舞台から飛び降りる」の意味(使い方)・由来・歴史「飛び降りる理由」

清水の舞台から飛び降りるの「読み方」

中には「”しみず”の舞台から飛び降りる」と読む人みいるようですが、正式には「”きよみず”の舞台から飛び降りる」と読みます。

これは清水寺が「きよみずでら」と読むことに由来し、「清水の舞台」とは「清水寺・本堂の舞台」であるからです。

清水寺の舞台から「飛び降りる理由」

よく、どこからか耳にして記憶の片隅に残っている方も多いと思いますが、「清水の舞台から飛び降りる」という言葉があります。

この「清水の舞台から飛び降りる」といった言葉の語源は、江戸時代に流行した一種の「ことわざ」のようなものだそうです。

何でも、この清水寺の舞台から飛び降りたあと、まだ息があって、立ちが上がる意識があれば、願いが本当に叶うと噂されていたそうです。

その中には、恋愛沙汰の願いであれば傘をもって、清水の舞台から飛び降りて生きていれば、その思い人と結ばれるといった話まであったそうです。

他には、清水寺の舞台から飛び降りて、仮に息絶えても、安らかに成仏することができ、あの世では、天国へ行けるなどといった話までも流行したと云われております。

これらの噂のもととなった起源は、過去、江戸時代に、男女恋愛沙汰や、貧困などの理由により、「実際に飛び降りて願いが叶った者がいた」という噂話から、このような「ことわざ」のようなものが出回ったのだと云われております。

つまり、このような噂話を信じて、本当に飛び降りる人が後を絶たない・・と、いったことになるワケです。

↑鈴木春信・1765年(明和2年)作「清水舞台より飛ぶ女」↑鈴木春信・1765年(明和2年)作「清水舞台より飛ぶ女」

それで、実際に飛び降りた人がいるのか?もしくは、何人いた?

江戸時代、実際に、飛び降りた人が、なんと!234人もいたそうです。

この事実は清水寺境内に現存している「成就院」の床下から1990年代に見つかった「清水寺成就院日記」という書物から記述が見つかっています。

このような書物が成就院の床下から発見された理由は、江戸時代に清水寺の境内にある「成就院」が、奉行所へ報告をする義務を担っており、上述のことわざが流行して、飛び降りる者が後を立たなかったために、このような記録が残されたようです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






意外な事実!飛び降りて「本当に生きていた人の数と死者の数」

意外な事実!飛び降りて本当に生きていた人の数清水寺の舞台から飛び降りて生きていたら、ゾンビか奇跡しかないと思いますが、驚くことに、実際に飛び降りて生きていた人の生存率は、なんと!「85.4パーセント」だそうです。

これを100人飛び降りた人がいると仮定すると、100人中85人が生存していたことになります。

ただし上記でお伝えした234人というのは、舞台から飛び降りを図って、止められた人の人数までもが含まれています。

したがって、その中には、実際に舞台から飛び降りた人もいれば、飛び降りなかった人もいるということになります。

また、これらはあくまでも成就院日記に残された記述のみの統計であって、実際にはもう少し飛び降りた人がいたとも考えることができます。

尚、この成就院日記には実際に飛び降りた人の数に関しても記述があり、詳細は下記にて述べています。

清水寺の舞台から実際に飛び降りた人の統計

以下は統計です。※「清水寺成就院日記」より

清水寺の舞台から実際に飛び降りた人の数

  • 約150人から180人
清水寺の舞台から飛び降りて命を落とした人の数

  • 34人
清水寺の舞台から飛び降りた年齢層

  • 12歳から80歳代まで。
清水寺の舞台から飛び降りた男女の割合

  • 男:70パーセント
  • 女:30パーセント
清水寺の舞台から飛び降りた年齢別の割合

10歳から20歳代が飛び降りた全体人数の「73パーセント」を占めている。
10歳から20歳代の飛び降りた人の生存率「90パーセント」
60歳以上で飛び降りた人は残念ながら、全員帰らぬ人に・・。

年間平均の飛び降り者数

  • 1.6件
他、記録されていない分を計算しての江戸時代全体の総計

  • 424件
計測期間

  • 1694年から1864年(江戸時代)まで。
  • おおよそ148年分の統計となります。

高さ12mもの高さの「清水寺の舞台」から飛び降りて生存していた理由

「清水の舞台から飛び降りる」の意味・由来・歴史「飛び降りる理由」現在の清水寺の舞台の下は、道路工事や補強がされていて地面が固くなり、また木々の数なども江戸時代の頃と比べて大きく減少しているようです。

つまり、江戸時代の清水寺の舞台の下は、現在よりも木々が多く生い茂り、地面(地盤)の補強などもされておらず、土が多かったので、12メートルもの舞台の上から落ちても、土や木がクッションとなり、簡単には息絶えなかったそうです。

しかし、身体の弱い60歳代ともなってくると、心臓が弱くなっており、また身体の治癒能力も低下していることから、そのほとんどが命を落としたといえます。

以後、1872年に至るまで、毎年のようにこの清水の舞台から飛び降りる人は絶えなかったそうです。

尚、1872年、毎年のように飛び降りる者が後を絶たないことから、シビレを切らした当時の政府である明治政府が「飛び降り禁止令」を発令したそうです。

「清水の舞台から飛び降りる」の言葉の使い方と使う場面

以上、これまでのことから「清水の舞台から飛び降りる」とは、「背水の陣」と似たような言い回しとなります。つまり、以下のようなことになります。

  • もうこれ以上は逃げ道がない場合
  • 生きるか死ぬかの覚悟で1つの事に取り組む場合
  • 賭け事などで、人生を賭けた1発勝負(大博打)を打つ場合
  • 恋愛沙汰で告白する場合

などです。

そして、使い方は以下のようになります。

「清水の舞台から飛び降りる思いでやってやる!」

「これが成就しなければ、本当に清水の舞台から飛び降りる!」

などです。

尚、清水寺の舞台の柱の本数や構造に関しては当サイトの以下のページにてご紹介しております。

京都・清水寺の舞台の柱には釘が一つもない?!「建てられた理由・歴史・高さ・材木・建築造り(懸造り)」

おわりに・・

辛いことがあれば、清水寺で祈願を真剣にして、努力を忘れないことです。

努力して自分自身を磨いて、自分のことをもっと好きになってあげればきっと、その願いはきっと叶っています。

「清水の舞台から飛び降りる」のは、くれぐれもコトワザだけに留めておきましょう。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ