意外な事実!京都・清水寺の三重塔「歴史・由来・大きさ(高さ)・建築様式・建てた人」と「修理(工事)」(写真・画像つき)

スポンサードリンク

意外な事実!京都・清水寺の三重塔「歴史・由来・大きさ(高さ)・建築様式・建てた人」と「修理(工事)」(写真・画像つき)

京都・清水寺「三重の塔」【重要文化財】

意外な事実!京都・清水寺の三重塔「歴史・由来・大きさ(高さ)・建築様式・建てた人」と「修理(工事)」(写真・画像つき)

創建年

  • 847年(承和14年/平安時代)
再建年

  • 1632年(寛永9年/江戸時代初頭)
  • 1987年(昭和62年
大きさ

  • 横幅:三間(約6m)
  • 奥行:三間(約6m)
高さ

  • 約31m
建築様式(造り)

  • 三重・仏塔(供養塔)
  • 方形造り
屋根造り

  • 本瓦葺
重要文化財指定年月日

  • 1966年(昭和41年)6月11日
発願者

  • 葛井親王

京都・清水寺「三重塔」の歴史・由来

「清水の舞台」や「音羽の滝」などとともに、清水寺のシンボルとなっているのが、仁王門のすぐ近くにある三重塔です。

この塔が建立されたのは847年(承和14年/平安時代)と伝えられており、時の天皇である嵯峨天皇の皇太子が生まれたことにより、葛井(かどい)親王が勅命を奉じて創建されたと伝えられています。

葛井親王の母が征夷大将軍「坂上田村磨呂」の娘「春子」であることから、葛井親王がどれ程の思いを込めて発願に至ったのか、その熱つき思いが込められた仏塔となります。アチっ!

その後、何度か焼失を繰り返し、現在まで伝えられているのは1632年に再建されたものを、1987年に解体修理して復元されたものです。

その復元ぶりが実に見事で、創建当初の朱の総丹塗りや桃山文化を象徴する鮮やかな極彩色文様が復元され、その緻密さや配色の妙に驚かされます。

内部には大日如来像が祀られ、また、四方の壁には真言八祖像が、さらに天井や柱には密教仏画や飛天、龍などが、これまた極彩色で描かれています。

高さは約31メートルを誇りこれは国内の三重塔としては最大級の高さとなります。

古くから当地にそびえ立ち、人々が崇敬の念を込めて見上げていたことから「東山のシンボル」とも言われています。

清水寺以外の寺院の三重塔との高さの比較

薬師寺東塔(奈良): 高さ約34m(奈良時代)※日本でもっとも高い三重塔!
清水寺三重塔(京都):高さ約31m(平安時代)
法起寺三重塔(奈良):高さ約24m(飛鳥時代)
安楽寺八角三重塔(長野):高さ:18.75m(鎌倉時代)
興福寺三重塔(奈良): 高さ18.4m(鎌倉時代)

薬師寺の三重塔は屋根が6つあるように見えることから「六重塔ちゃうの?」と囁かれています。

また、日本最古の三重塔は法起寺の三重塔と云われています。

 

尚、1629年(寛永6年)に清水寺は大火災に見舞われており、その際、仁王門、馬駐、鐘楼は何とか類焼を回避することができ、他は全焼しています。

つまり、清水寺の境内にて今現在見ることのできる諸堂は、1629年(寛永6年)に徳川家光公の発願によって再建された姿になります。

えぇっ?!三重塔が清水寺の七不思議??

この塔の注目すべき隠れた見どころは「屋根の鬼瓦」です。

四隅にある鬼瓦のうち、南東の鬼瓦だけは、なぜか龍神の鬼瓦で、京都・清水寺の七不思議と云われています。

三重塔の鬼瓦が龍神である理由【その1】

北西は愛宕山に鎮座する「火伏せの神」に守られているのに対し、反対側の南東は弱点(鬼門)になるため、水の神である龍神を置いたのだとも云われております。

ちなみに余談ですが、境内、経堂の屋根にも南東にこのような鬼瓦の屋根が据えられています。

三重塔の鬼瓦が龍神である理由【その2】

龍はインドの阿耨達池(あのくだっち)に棲むと云われ、祈りを捧げることで雨を降らすという信仰が寄せられてきました。

龍の信仰はもともと古代インドで信仰されており、それが仏教伝来と共に日本へ流入しています。

その結果、この三重塔をはじめ日本中の様々な仏塔や仏堂には龍をかたどった鬼瓦が据えられることになります。

一方、清水寺にも上述したような阿耨達池のような聖なる滝があり、その滝こそが「音羽の滝」になります。

音羽の滝の水は古来、神聖な水として崇められ龍神が棲むと信じられてきました。

そして三重塔から音羽の滝への方向はちょうど東南の方向となり、ことから音羽の滝に棲む青龍を崇拝する目的で南東に龍神の鬼瓦が配されたとも云われています。

三重塔の鬼瓦が龍神である理由【その3】

清水寺は過去に幾度となく、戦争で火災に見舞われ焼失を繰り返してきた歴史があります。

そんな過去の悲惨な歴史を省みて「二度と火災を起こすような世の中にしてはならない」といった一種の願掛けだとも云われています。

 

清水寺の七不思議に関しての詳細は以下↓の別ページにてご紹介しております。

やっぱり実在していたのか!!京都・清水寺の裏話と「とんでもない七不思議」


スポンサードリンク -Sponsored Link-






清水寺・三重塔の建築様式(造り)

この三重塔1632年(寛永9年)に、従来に古様式に基づいて再建(造営)された仏塔で随所に安土桃山様式を観ることができます。

まず、四辺の柱には昇り龍と降り龍が描かれており、その他は以下のような特徴が挙げられます。

例えば、四辺の横木となる長押や台輪の部分の極彩色などは安土桃山時代から江戸時代初期の特徴が見えます。

また斗の上部の垂木を支える桁丸桁/がぎょう)には「摩竭魚 (まかつぎょ)」と呼ばれる空想上の海の巨大魚が描かれおり、ここにも火除けの呪い(まじない)じみたものが感じられます。

長押の上部の台輪の特徴にも注目できます。まず、金具となる「出八双卍くずし(ではつそう まんじくずし)の円龍」の装飾や、「向かい蝶」の極彩色が目をチラチラチラリんしちゃうほど色鮮やかに描かれています。

長押の部分にも同様に「八双若芽唐草(はっそうわかめからくさ)」や「四弁羯磨繋(かつまつなぎ)」の文様が極彩色で描かれ、安土桃山当時の華やかで異国情緒あふれる趣が感じ取れます。

また高さも然ること事ながら、上層部へ向けての逓減率(ていげんりつ)が小さくなるように設計されて造営されています。

逓減率とは、塔身全体を遠目で観た時の形状のことであり、時代を経るごとに塔身の姿が均一に棒状になっていくのが通例です。

しかし、この三重塔は下層から上層に向けて塔身が細ながく高さがあるように見えます。

つまり二等辺三角形の形状となり、これは古様式を踏襲(受け継いで)して造営された証拠の1つとして捉えることができます。

尚、この三重塔の内部は通常は一般非公開で周囲を石柵で囲われていますので塔に触れることもできなくなっています。

不定期で一般公開されることもあるようですので、内部を拝観したい方は一度、清水寺へ問い合わせてみてください。ウフ

清水寺・三重塔の内部

三重塔の内部は真言密教の教理の1つである金剛界曼荼羅の世界観が表現されています。

まず中央には紅高欄を据えた須弥壇が据えられ、この上に金剛界智拳印(こんごうかいちけんいん)という定印を結んだ大日如来坐像が東を向いて祀られています。

天井は折上式小組格天井となっており、ここに上述の飛天画などが極彩色で描かれ、長押の周囲は花菱文、四天柱には上二段が菩薩、中段に明王、下段には蓮華が描かれています。

また、内部の腰長押上段には「真言八祖像」、下段には蓮華が極彩色で描かれています。

真言宗八祖像

  1. 大日如来(だいにちにょらい)
  2. 金剛薩埵(こんごうさった)
  3. 龍猛菩薩(りゅうみょうぼさつ)
  4. 龍智菩薩(りゅうちぼさつ)
  5. 金剛智三蔵(こんごうちさんぞう)
  6. 不空三蔵(ふくうさんぞう)
  7. 恵果阿闍梨(けいかあじゃり)
  8. 弘法大師(こうぼうだいし)

尚、この三重塔が創建された後には内部には四仏(しぶつ)が安置されていたと云われています。

四仏とは、大日如来を中心に東西南北の方角に配される仏様のことです。

この清水寺は平安中期頃から真言宗にも属し、法相宗と兼学兼宗であったために、どのような四仏が安置されていたのかについては不明です。

四方四仏(密教Ver.)の詳細はコチラ

清水寺・三重塔の場所

清水寺の三重塔は仁王門から境内に入り右手に位置します。西門の裏手になり、近くに拝観料金を支払う窓口があります。

ちなみにこの三重塔は拝観料金を納めなくても拝観することができます。

明日を生きるのが困難なほどの金欠ボンビーは、三重塔だけ拝観して退却することもできます。

その他、これは余談ですが、三重塔の周囲には何故か毎日、不思議とたくさんの観光客で溢れかえっています。

写真を撮ったり、ペチャクチャと半笑いをカマしながら仲間内でシャベクリまくり、菓子をバリボリ食べながら、のほほ~ん♪とした時を過ごしている光景が見れます。

なぜ三重塔の周りに人が多いのかも清水寺の七不思議と言えます。

 

ところで、この仁王門近くにある三重塔のほかに、もう1つ三重塔があるのをご存知でしょうか?

京都・清水寺のもう1つの三重塔「子安塔」

京都・清水寺のもう1つの三重塔「子安塔」それは、泰山寺の北側にある「子安塔」と呼ばれるものです。

この塔は創建時期は明らかになっていないのですが、聖武天皇や光明皇后の祈願所とされていたとも言われており、三重塔よりも前に建立されたのではないかと考えられます。

もともとは三重塔と対をなすように仁王門の左側に建っていたのですが、時期は不明ですが現在の位置に移されました。

高さは15メートルと、三重塔と比べて小ぶりで、内部には子安観音と呼ばれる千手観音が祀られ、安産にご利益があると言われています。

2013年に修復され、建立当時の朱塗りの塔が再現されました。

西門から三重塔、さらに経堂、開山堂、朝倉堂、轟門、回廊、そして本堂・舞台と並ぶ風景は、まさに圧巻です。

 

子安塔に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

京都・清水寺「子安塔」【重要文化財】

 

 

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ