京都・清水寺「春日社(鎮守堂)」【重要文化財】

スポンサードリンク

京都・清水寺「春日社(鎮守堂)」【重要文化財】

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%83%bb%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%80%8c%e6%98%a5%e6%97%a5%e7%a4%be%ef%bc%88%e9%8e%ae%e5%ae%88%e5%a0%82%ef%bc%89%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1

創建年

  • 1500年代中頃(室町時代後期)
再建年

  • 1624年(寛永元年)から1643年(寛永20年)の間
建築様式(造り)

  • 一間社春日造
  • 一重
大きさ

  • 桁行一間(奥行:約2m)
  • 梁間一間(横幅:約2m)
屋根の造り

  • 檜皮葺
重要文化財指定年月日

  • 1966年(昭和41年)6月11日
御祭神

  • 春日大明神

清水寺・春日社(鎮守堂)の読み方

清水寺の境内には難しい漢字の表記のお堂や御本尊がありますが、春日社は「かすがしゃ」と読みます。

実はこの春日社には別名があり「鎮守堂(ちんじゅどう)とも呼ばれています。

清水寺・春日社(鎮守堂)の歴史・由来


スポンサードリンク -Sponsored Link-






清水寺の三重塔を左へ進むと随求堂があり、その手前の階段を降りると人気がない広場へ出ます。

この広間の隅にポツんと立っている歴史的な社があります。

これが春日社です。

右脇に建つ中興堂の屋根の下に収まってしまいそうな小さいお社ですが大変、歴史的価値のある建造物です。

清水寺の春日社は、奈良・春日大社の御祭神でもある「春日大明神」を奈良・春日大社から「勧請(かんじょう/お招き)」してお祀りしています。

春日社の創建は室町時代の後期と伝わっており、清水寺の伽藍(=境内)をほとんど焼き尽くした1629年(寛永6年)の大火から難を逃れた数少ない建造物の1つです。

春日社はもとは境内・鐘楼の北側に造営されていましたが、1630年頃に現在の場所に移築されています。

清水寺・春日社(鎮守堂)の御祭神

春日大明神とは「春日権現」とも呼称され、仏様である「不空羂索観音・十一面観音・薬師如来・地蔵菩薩「を神様として表現した総称になります。

つまりこれらの仏様が神様の姿で現れた権化(ごんげ)となり、神仏習合の時代に生み出された神様です。

しかし明治時代になり「神仏分離令」と呼称される明治政府の政策が発令されると、それまで習合していた上述の春日大明神のような神仏は、神様(神社)と仏様(寺院)で分離されてしまいます。

現にこの時、境内の地主神社は清水寺から独立させられています。

このような背景から、春日社も名前が改められることになり「鎮守堂」の別称で呼称されるようになっています。

春日社が鎮守堂へ名前を変えた理由

このように名前を「鎮守堂」へと変えた理由とは、神社と思われるのを防ぐための清水寺の施策であったとも考えられます。

つまり地主神社のように切り離されるのを警戒しての対策になります。

清水寺・春日社(鎮守堂)の建築様式(造り)

「一間社春日造り」は奈良・春日大社の殿舎の造りから派生した建築様式です。

春日大社の殿舎の屋根には千木や鰹木が組まれていますが、清水寺の春日社(鎮守堂)には千木や鰹木はありません。

坊主(訳:何も無い状態)です。

また、正面の横木となる「貫(ぬき)」の両端に見える「木鼻(きばな)」には「龍の頭のような形状」が見えます。

また、妻屋根の軒下に据えられている「懸魚(けぎょ)」の繊細な彫刻も春日社の見どころとなります。

ところで・・「一間社春日造」って何?

この春日社の堂舎一辺の総長は約2mと言うことで2メートルを示す「一間(いっけん)」になります。

四辺の長さが一間であり、尚且つ、春日造であることから「一間社春日造り(いっけんしゃかすがづくり)」と呼ばれています。

 

%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%80%80%e6%98%a5%e6%97%a5%e7%a4%be%e3%80%80%e7%b4%b0%e9%83%a8

【補足】春日造りの大きな特徴

  • 見開いた本を箱に被せたような切妻造りの屋根がある。
  • 屋根が垂れ下がっていない方向が正面に来る妻入(つまいり)になっている。
  • 正面前方には大きく湾曲を描いた「向拝(こうはい)」と呼称される「庇(ひさし)」が設置されている。
清水寺・春日社(鎮守堂)の場所

清水寺の春日社は境内の三重塔を左に入り、随求堂の前の階段を降りた先の広場に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ