京都・清水寺の舞台の柱には釘が一つもない?!「建てられた理由・歴史・高さ・材木・建築造り(懸造り)」

スポンサードリンク

京都・清水寺の舞台の柱には釘が一つもない?!「建てられた理由・歴史・高さ・材木・建築造り(懸造り)」

京都・清水寺「本堂および舞台」【国宝】【世界遺産】

京都・清水寺の舞台の柱には釘が一つもない?!「造られた理由・歴史・高さ・材木・建築様式」と「清水の舞台から飛び降りる?」の意味・由来・歴史

正式名

  • 京都・音羽山「清水寺」
創建年(本堂)

  • 778年(宝亀9年/奈良時代)
再建年

  • 1633年(寛永10年)
  • 2017年(平成29年)※屋根葺き替えおよび修繕
国宝指定年月日

  • 1952年(昭和27年)11月22日
大きさ

  • 本堂
    桁行(奥行き):九間(約16m)
    梁間(横幅):七間(約12.6m)
  • 全体(裳階・翼廊含める)
    正面約36m
    側面約30m
    棟高18m
建築様式(造り)

  • 入母屋造り
  • 妻入り
  • 一重

※本坊寄棟造り
※舞台造り
※裳階(もこし)付/東西北

  • 正面:両翼廊
  • 西面:翼廊

※庇(ひさし)付き

屋根の造り

  • 桧皮葺
両翼廊 中間・舞台(清水寺・舞台)造り

  • 6本柱・懸造り(かけづくり)
  • 柱の数:約78本(舞台)全体172本
  • 柱の長さ:約12m
  • 柱の直径:約80cmから2メートル
  • 柱の形:平面十六角形
  • 材質(舞台):ヒノキ(約420枚)
  • 材質(柱):ケヤキ(樹齢約400年)
  • 面積:約190㎡(1辺・約19m)

清水寺の舞台の高さ

清水寺の舞台の高さ清水寺の舞台の高さは、舞台の先端部から計測して地上から「約12メートル」。
※この12mという長さは、おおよそ4階建てのビルと比例するようです。

清水寺の舞台の床面はヒノキが使用されており、おおよそ25年から30年周期で取り替えが行われています。

また、清水寺の舞台の足元の柱は、簡単に取り替えが出来ないことから、貫の両端部には雨水が貯まらないように、雨が下に滴れるように傾斜のある板が添え付けされています。

そして、清水寺の象徴として、また京都清水寺の大きな特徴を現すこの「清水の舞台」。

実際に見に行くと、その高さ、そしてその迫力には驚かされますが、「この建物には釘が一切使われていない」と言われたら、さらに驚くのではないでしょうか?


スポンサードリンク -Sponsored Link-






清水寺の舞台の歴史

この「清水の舞台」が建てられたのは、いまから約400年前となります。

1063年(康平6年)に清水寺の舞台を業火が襲い掛かります。

この後、約9回の火事に見舞われるも、その都度、再建されてきた歴史を持ちます。

もっとも近年に近い記録の火災が1629年であり、この火災においても本堂、舞台を焼失するに至っています。

しかし1633年に徳川家光の寄進により再建され、これが現在観ることのできる清水寺の姿です。

尚、現在観ることのできる清水寺の伽藍の姿は、そのほとんどが江戸期の家光公の再建によるものです。

清水寺の舞台のおおよその焼失経路と歴史

  • 1165年(永万元年)戦で焼き討ち
  • 1469年(文明元年)戦(応仁の乱)で焼失
  • 1629年(寛永6年)大火事で焼失

現代建築では、数十年もすれば崩壊してしまう建物も少なくありませんが、なぜ、釘が一本も使われていない「清水の舞台」が、数百年という後の現代に至るまで、形状を維持したまま、変わらずにその景観を留めおくことができるのでしょう?

実は、あまり表立って話題になってはいませんが、柱の部分に関しては、定期的に微妙に修繕をしているんです。

例えば、足元は地面(土)と接していますので、他の部分に比べて少なからず湿気を含みます。

そこで、足元は定期的に検査を実施して、損傷が激しい場合(腐って空洞化)は、切断して、新しい木材を継ぎ足して(修繕工事)、見た目の景観を、創建当初から損わずに維持できているというワケなんですね。

清水寺の舞台の造られるキッカケと「舞台の役割」

清水寺の舞台は、年々増え続ける日本の人口の増加と共に、清水寺を詣でる人も増えてきました。

参拝者が増えてくると、楼門の下まで参拝者が列をなして参拝する順番を待つといったこともあったようです。

そこで、舞台を造る話が持ち上がってくることとなります。

清水寺の舞台が造られた【2つの理由】

清水寺の舞台が造られた理由【その1】

古来、清水寺の本堂は、山の斜面を切り崩して建立されました。

しかし、その作業は当時では、相当な労力と時間のかかる作業でした。

月日は流れ、江戸時代に差し掛かると、やがて本堂を大きくする話が持ち上がります。

しかし、ここで考えだされたのが、わざわざ山を削らなくても舞台を付ければ、労力も時間も大幅に節減できる・・

などといった理由から、現在の清水寺の舞台が造られたと云われております。

清水寺の舞台が造られた理由【その2】

もう1つの理由が、清水寺の建立されている地は、古来より、神聖な場所として景観が保たれてきました。
れは、清水寺の建立されている山(音羽山)には、神々が住んでおり、簡単に削ることが叶わなかったのではないかと云われております。

神々がお怒りになれば大変な事態にもなりかねません。そのため人口の土台(舞台)を設けるに至ったということです。

京都・清水寺の舞台の柱の「釘が一つもない理由と造り」

この「清水の舞台」は、「懸造り」と言う建築様式(手法)で建てられています。

「懸造り」とは、別名で「崖造り(がけづくり)」とも呼称され、山の急な斜面や段差のある土地などに、面積のある建物を建てる際に取られる建築手法のことです。

これは、東大寺・二月堂の舞台も同様の造りをしています。

※東大寺・二月堂の詳細については当サイトの別ページにてご紹介しております。

東大寺・二月堂の見どころ

東大寺・二月堂のイベント

実際、この「清水の舞台」も、「錦雲渓(きんうんけい)」と呼ばれる崖の上に建てられています。

そして、それを支えるのが「78本の長い柱(全体では139本)」です。

清水寺の舞台の柱の全本数の内訳

清水寺の舞台の柱の全本数は以下の通りです。

  • 舞台と本堂を含め、大小すべての柱の本数:172本
  • 舞台の真下のみの柱の本数:78本
  • 舞台のセリ出た部分を支えるもっとも長い柱の本数:18本

清水寺の舞台の「建築様式・木材」

清水寺の舞台の18本の柱の「建築様式・木材」

大人1人分の長さを持つ「ケヤキの柱」

上述したように、清水寺の舞台下の柱は78本、本堂全体では172本あります。

ケヤキ材を切り出してでできたこの柱は、大人ひとりでは抱えきれないほどの太さがあります。

これら172本もの柱を1本1本を16角に加工して、直径約2.3mの1本の柱に仕立てています。

そして、この柱を渓谷の傾斜に合わせるようにして巧みに柱を配置しています。

縦、横にはおおよそ均等間隔で並べ、足元は崖の傾斜に沿わせて立てられています。

舞台の柱の足元はそのまま地面に突き立てられているの??

・・なんて疑問を持たれている方も多いと思われます。しかし単に地面に突き刺しただけでは心配な方も多いと思われます。事実、私もそう思います。

しかし安心してください。地面と柱の間には石が敷かれ、舞台の地面との間をうまく取り持っています。

この石は隣の柱の足元と連絡するような面積の多い石に加工されていますので、面積があります。

面積が広い分、上部から加圧を地面全体に逃がすことできます。

これも先人たちの涙ものの卓越した技術です。

舞台下のヒノキの組み方と構造と歴史

上述したケヤキの柱、1本1本にはヒノキでできた「貫」と呼ばれる厚板を通して接合されています。

このような「懸造り」の建物は、もともと国土が少なく山岳地帯が多かった日本に多く、日本特有の独自の造りである伝えられています。

貫を巧みに用いることによって、上部の加圧と横からの揺れにも対応でき、つまりはわずかな木材でも、より強固な耐久力を持つ建造物を造ることが可能となります。

この他、柱と貫の接合部分は「継ぎ手」と呼ばれる手法で組み合わされ、わずかにできた隙間は、楔(クサビ)で締めて固定されています。

そして楔の上部も雨除け板を据え付け、楔の間から雨水が柱内部に侵入しないように細工が施され、湿気に極度に弱い木材を守っています。

まさに細部にまでも目を凝らした職人の熱いナイスな小細工です。泣けてきます。ウウっ

さらに柱と貫を、格子状に組むことによって木材同士が支え合い、衝撃を分散することによって、本来建物を建てることが難しい崖の上でも、このような耐震性の高い建物を建てることができるのです。

【補足】懸造りの起源

上述したような貫を巧みに用いて柱を固定するような技法は、平安時代の中頃から山岳仏教の建造物で見られはじめています。

しかし、その後、鎌倉時代に東大寺・南大門を再建した重源上人(ちょうげんしょうにん)によって、大仏様が大陸からもたらされると、日本の建築技術は大きく飛躍します。

重源上人は、限られた期間と木材の量で東大寺再建計画を余儀なくされました。

ここで重源上人が考案した方法が、従来ではまったく見られなかった「横木(貫)を数本の柱に差し込んで固定する技法」です。

この建築技法は後世において「大仏様(だいぶつよう)」と呼称され、今日の清水寺の舞台に見られるような、現代建築の核とも言うべき大きな進歩と革新を後世に残しました。

後に大仏様は禅宗様と呼ばれて歴史上から姿を消すことになりますが、それでも重源上人の考案した大仏様は今の現代にもこうして息づいています。

東大寺・南大門や重源上人についてはの詳細については当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

奈良 東大寺(俊乗堂)・俊乗上人坐像【国宝】

奈良県・東大寺の南大門の「見どころ(建築様式など)・歴史・大きさ・作った人(地図・写真つき)」

清水寺の舞台の詳細については当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

「清水寺の舞台から飛び降りる」の意味(使い方)・由来・歴史「飛び降りる理由」

終わりに・・・

清水寺は、まさに先人たちの知恵の結晶と言うべきですね。まさに、世代を超えた、一大傑作ともいえます。

現代には「耐震性の高い」とされる建物がたくさんありますが、年が経つとともに建物が劣化し、耐震性も弱くなるのが一般的です。

それだけに、何百年もの間、自然災害にも耐え続けえいるこの建物の素晴らしさから、何かを学ばなければならないのではないでしょうか。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ