京都・清水寺「木造・三面千手観世音菩薩像」【秘仏】【重要文化財】

スポンサードリンク

京都・清水寺「木造・三面千手観世音菩薩像」【秘仏】【重要文化財】

画像引用先:http://www.kiyomizudera.or.jp/

造立年

  • 不明
  • 推定:1220年代/鎌倉時代
像高

  • 64.9cm
造立方法

  • 素木・寄木造り
作者

  • 不明
  • 推定:慶派仏師
腕の数

  • 36本
重要文化財指定年月日

  • 2002年(平成14年)6月26日
安置場所

  • 清水寺境内・奥の院

スポンサードリンク -Sponsored Link-






三面千手観世音菩薩座像の読み方

清水寺の境内には読みにくい名前の堂舎や仏像がありますが、「三面千手観世音菩薩像」は「さんめん せんじゅかんぜおん ぼさつざぞう」と読みます。

三面千手観世音菩薩像を作った人物(作者)とは?

三面千手観世音菩薩像が造立された年は不明とされていますが、作風などの観点からの考察によると、鎌倉時代に造像されたと伝わる像です。

作風に関しては1194年(建久5年/鎌倉時代初期)造立の「阿弥陀如来像(京都・遣迎院)」や、1200年(正治2年)造立の「孔雀明王像(高野山・金剛峯寺)」に類似していることから、同年代に造像された仏像と考えられています。

また作者に関しても、鎌倉時代に大活躍した「慶派(けいは)」の仏師「快慶(かいけい)」か「その他の慶派仏師」であると考えれられています。

三面千手観世音菩薩座像の特徴・見どころ

まず、千手観音像が「座像」姿で造像されている像は大変、珍しい像となります。

この千手観音座像が「三面」と呼称がされている理由として、正面と左に1つ、右に1つの顔を持っていることから「三面」と付されています。

これら顔が3つある理由とは「現在、未来、過去」を司ることを意味し、さらにすべての世界の衆生を1000本の手を用いて漏らさず救済することを意味しています。

ちょっと、三面千手観世音菩薩座像の頭上を見てみてください。

よく見るとたくさんの「小さな可愛い~ぃ仏様」が乗っています。

これは「化仏(けぶつ)」と呼ばれる仏様であり、全部で24面あります。

つまり、上記3面のお顔を合わせえると実際には27面あることになります。

注目は「手の数」!!

千手観音像は大抵の場合、42臂(42本)で造像されることが多いのですが、奥の院の三面千手観音座像の場合は、36本しか腕がありません。

また、本来の名前を「千手千眼観自在菩薩(せんじゅせんげんかんじざいぼさつ)」と呼称し、名前に「千」が付いていますが、実際は「無限」を意味します。

千手観音の大きな特徴として、42本のある手のうち2本は「合掌手」と呼称し、胸前で合掌しています。

また他に2本の手は「宝鉢手」と呼称し、クソ腹の前で阿弥陀定印と言う「印」を組んでいます。

そして残った38本の「脇手」と呼ばれる手で多種多様な持物を持っています。

清水寺の千手観音は、背中の後ろには舟形の大きな輪っかがあります。

これは「後背(こうはい)」と呼ばれるもので、ここには雲文(うんぶん/雲の模様)を用いた「三十三身仏」が表現されています。

「三十三身仏」とは、「観音菩薩」特有の必殺技で、すべての衆生(しゅじょう/すべての万物)を救済するために、救済する者の姿や人物像に合わせて变化(へんげ)する仮の姿のことです。

京都・清水寺「三面千手観世音菩薩像」の安置場所

三面千手観世音菩薩像は奥の院・内陣に安置されています。

奥の院は本堂・舞台を抜けた先に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ