京都・清水寺「轟門(轟橋・梟の手水鉢)」【重要文化財】

スポンサードリンク

京都・清水寺「轟門(轟橋・梟の手水鉢)」【重要文化財】

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%83%bb%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%80%8c%e8%bd%9f%e9%96%80%e3%83%bb%e8%bd%9f%e6%a9%8b%e3%83%bb%e6%a2%9f%e3%81%ae%e6%89%8b%e6%b0%b4%e9%89%a2%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81

創建年

  • 不明
再建年

  • 1631年(寛永8年)から1633年(寛永10年)再建※江戸前期
  • 2016年(平成28年)

建築様式(造り)


  • 八脚門
  • 一戸一重
大きさ

  • 梁間三間(横幅:約8.8m)
  • 奥行き:約4.4m
屋根の造り

  • 本瓦葺
重要文化財指定年月日

  • 1966年(昭和41年)6月11日
発願者(寄進者)

  • 東福門院(家光公の妹)
  • 徳川家光(寄進)

清水寺・轟門・轟橋の読み方と名前の由来

清水寺の境内には難しい漢字の表記のお堂や御本尊がありますが、轟門は「とどろきもん」と読みます。

轟橋は「とどろきばし」と読みます。

尚、「轟門」の名前とは「釈迦如来の教えが世界中に轟く」と言う意味合いで付されたと云われております。

清水寺・轟門の歴史・由来

清水寺の伽藍は室町時代に全焼し、その際にこの轟門も焼失しています。

この轟門は、徳川家光公による寛永の大造営(再建)の時に造営された門です。

寛永の大造営は、1631年(寛永8年)から1633年(寛永10年)の間に徳川家光の寄進によって執り行われており、室町期に焼失した伽藍のほとんどが復元されています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






清水寺・轟門の建築様式(造り)

開山堂の奥にある轟門(とどろきもん)は、門の奥に位置する本堂への入り口で、伽藍の中では「中門」にあたりますが、扉が付いていない少々変わった造りの門です。

柱は本柱(中心の柱)4本とは別に前後に各4本の柱が備わり、合計で12本、柱がある門であることから「八脚門(はっきゃくもん・やつあしもん)」と呼ばる種類の門になります。

12本も柱があるのに「ハ脚」が付される理由は、本柱の4本以外に「前後に合計8本の柱がある」ことから「八脚門」と呼称されています。

実はこの清水寺・轟門はなんと!「奈良・東大寺の転害門(てんがいもん)」を縮小して模した門であると云われています。

細部に見る「二重虹梁(にじゅうこうりょう)」やそれを支える「大瓶束(たいへいづか)」「蟇股(かえるまた)」は天平期の建築であり、まさに東大寺の転害門を彷彿とさせる造りと言えます。

 

清水寺・轟門のその他の見どころ(見所)

普門閣の横額

正面の軒下には曹洞宗の僧侶・月舟宗胡禅師の筆書きによる「普門閣」の扁額が飾られています。

「普門閣」とは、「ふもんかく」と読み、以下のような意味合いがあります。

「救いを求め、教えを請い、悟りを開くのに身分は関係ない。世の中の人すべてに開かれた門であり、開かれた修行の場所である」

おそらくこのような理由から「敢えて扉を付けなかった」と言う見方もできます。

なお、この普門閣の額をよく見ると、「普門閣」の文字以外にも次のような文字が書かれています。

天和癸亥 孟春 月舟書

これを訳すと「1683年(天和3年)の癸亥の年の正月(孟春)に月舟が書した」という意味合いになります。

これはつまり、月舟の筆書きであるという証拠の1つとなるものです。

ちなみに「月舟宗胡禅師」とは、能書家としても名を馳せていたようで、この額を筆書きした当時、宇治田原町(京都)に位置する「禅定寺」に在籍していた高僧であったとされています。

禅定寺は、1680年(延宝8年/江戸時代)頃まで、東大寺の末寺であったとされていますが、この当時、月舟禅師が住職に就任しており、以降は東大寺の所属から離れて曹洞宗に属しています。

轟橋

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%83%bb%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%80%8c%e8%bd%9f%e9%96%80%ef%bc%88%e8%bd%9f%e6%a9%8b%e3%83%bb%e6%a2%9f%e3%81%ae%e6%89%8b%e6%b0%b4%e9%89%a2%ef%bc%89%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d実はなんと!轟橋には、昔から以下のような言い伝えがあります。

まず、橋の両端の「石」の部分を””、そして板張りの部分を””に見立てて・・
「ここの手水鉢の水で口を清めると歯痛や頭痛が治る」
「歯痛がある人はこの橋を渡ってはいけない」

・・などと囁かれているようです。

その他に橋の下に川が流れていないことから以下のようなことも囁かれています。
「手水鉢の水を流す溝を跨ぐ(またぐ)ための橋」
「本堂という神聖な場所に踏み入る前の区切りとしての橋」
「実は昔は橋の下に実際に”轟川”という川が流れていた」

などととも云われています。

また、この橋は本堂と俗界との境界に架かる橋とも云われ、橋を渡ることによって心身が浄化され清められるそうです。

轟橋の刻銘

この橋をジックリと見る方はほとんどいないとも思われますが、よく観察すると橋の欄干の親柱(らんかんのおやばしら)と、擬宝珠(ぎぼし)には橋を寄進した人物の刻銘が残っています。

  • 欄干の親柱の刻銘:「1679年(延宝7年)仙台在住 及川久兵衛 奉納
  • 擬宝珠の刻銘:「1861年(文久元年)枡屋重兵衛、藤原喜親 奉納」、「1893年(明治26年)吉田安兵衛、橋本源之助 奉納
轟川について

上述、『”轟川”という川が流れていた』ということについてですが、どうやら轟川なる川が清水寺に実在したようです。

江戸時代の絵図によれば三年坂を通って、八坂の塔付近を流れている様子が描かれており、さらにいくつかの橋が架かっている様子もみえます。

この川は現在、暗渠(あんきょ/地下を流れる水路)になっているため人目に触れることはありませんが、水脈は確かに生きています。

三年坂や八坂の塔付近には現在でも橋の痕跡が残されていますので、興味のある方は通行した際、是非!注意深く歩いてみてください。

梟(フクロウ)の手水鉢

門の手前の「轟橋」の傍らには「梟(フクロウ)の彫刻」があると言われる「梟の手水鉢(ちょうずばち)」があります。

また手水鉢の上には「口から水を吐く龍の彫刻」が設置されており、龍の口から水が流れ続けていますが、この水も「フクロウの水」と呼ばれています。

しかしこの手水鉢にフクロウの彫刻の姿形すら見えません。

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%83%bb%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%80%8c%e8%bd%9f%e9%96%80%ef%bc%88%e8%bd%9f%e6%a9%8b%e3%83%bb%e6%a2%9f%e3%81%ae%e6%89%8b%e6%b0%b4%e9%89%a2%ef%bc%89%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d実は、なんと!手水鉢の台座の部分(足元)に「観音菩薩」と「フクロウらしき彫刻」があります。

手水鉢の劣化により彫刻の輪郭が不鮮明なので分かりにくくなっていますが、よく目を凝らして見てみると観音菩薩やフクロウの輪郭がウッすらと見えてきます。

手水鉢に残された謎の刻銘

また、手水鉢の正面には次のような刻銘があります。

清水寺石鉢 寛永十癸酉歳十一月吉日

この刻銘を訳すと「1633年(寛永10年)癸酉の年の11月の縁起の良い日(吉日)にこの石鉢を奉納した」となり、これは徳川家光公による再建が確かに行われたことを示す証拠の1つとなります。

また、側面には「天保六年 枡屋重兵衛 奉納」といった刻銘も残されており、これを訳すと「1835年(天保6年)京都の酒造家・枡屋重兵衛が奉納」という意味合いになります。

つまり、この手水鉢は2代目の手水鉢であることを示唆しています。

龍の口が設置されたのは実はごく最近!

上述の龍の口は、大阪在住の清水寺信徒一同によって奉納されたようで、第二次世界大戦の折、1942年(昭和17年)に政府によって武器製造のための材料として没収されたようです。

2代目(現在)の龍の口は、1950年(昭和25年)に山科(京都)の崇敬者(清水寺信徒代表)の吉村孫三郎が、同じ京都在住の鋳匠「高橋大治郎」に注文して奉納されたものになるようです。

轟門の前は人ゴミで溢れかえっていますが、興味のある方は邪魔にならないように探してみてください。

また、この手水鉢の脇に建つ覆屋(おおいや)も少し変わった建築をしており、通常は4本の脚で屋根を支えますがなんと!柱が4本ではなく2本で屋根を支えてます。

手水鉢に梟(フクロウ)の彫り物がある理由

清水寺の七不思議&裏話【その4】「ふくろうの手水鉢」「梟(フクロウ)」は闇夜に蠢く(うごめく)ので、「ダーク(悪)な」の印象が付きまといます。

しかし平安時代では「幸運を呼ぶ吉鳥」と云われ、また室町時代においてはフクロウが人間の煩悩を祓う鳥として神聖視されていたようです。

その理由とは296(ふ・く・ろう)と読み「2×9×6=で108」となります。

これは人間の煩悩の数を示し、仏教とは非常に関わりの深い数字であるからです。

以上、手水鉢にフクロウが彫られている理由としては「梟が彫られた手水鉢は煩悩を祓う力が備わり、この手水鉢に貯められた清水で手を洗い清めることで身体中の邪気を祓える」といった理由になると考えられます。

轟門と清水寺の七不思議

上述した「轟橋手前の手水鉢の水で歯痛が治るという伝承」や、「轟橋が川に架かっていないこと」、「轟門に扉がないこと」、「手水鉢の隣にある屋根だけの建物の柱が2本しかない」ことは、清水寺の七不思議の1つに数えられているようです。

しかし清水寺の七不思議はなんと!実は10個以上も存在しているようで、つまりは「七不思議」と言う、世間一般で頻繁に交換されている言葉だけが一人歩きし、どれを「七不思議」とするのかは伝える人それぞれの私見によって異なるようです。

なお、手水鉢の隣にある「屋根だけの建物の柱が2本しかない理由」は、これは元来、手水鉢で清めた手を拭うための布巾(タオル)を掛けておくために設置されたものだからです。

この建物は、1840年(天保11年)に増田氏と栂尾氏という2人の有志によって奉納されています。

 

清水寺の七不思議については以下↓の別ページにてご紹介しています。

やっぱり実在していたのか!!京都・清水寺の裏話と「とんでもない七不思議」

轟門の両脇の仏像「四天王像」「狛犬像」

轟門は拝観窓口からほど近いこともあり、拝観券をチェックする係員の立つ場所でもあることから、人混みでごった返しており、立ち止まってジックリと観ることは難しいのですが、実は轟門には現在、四天王と狛犬の像が安置されています。

ただし四天王像の方は現在、広目天と持国天の2体のみが安置され、もう2体の代打として狛犬が安置されています。

広目天立像

像高:170㎝
造立方法:寄木造り
材料:ヒノキ
作者:不明(推定:院派仏師)

持国天立像

像高:192㎝
造立方法:寄木造り
材料:ヒノキ
作者:不明(推定:院派仏師)

 

門の正面左右には像高約1.92mの持国天立像と、像高約1.7mの広目天立像、裏面には狛犬像が安置されています。

創建当初は色鮮やかな彩色が施されていたとされています。

持国天立像・広目天立像のは作者は(彫師)は平安期に活躍した院助(いんじょ)を祖とする「院派仏師(いんぱぶっし)」による作と云われており、いずれもヒノキ材の寄木造です。

その他、仁王門前の狛犬は左右共に口を開けた阿形で「清水寺の七不思議の1つ」とも言われますが、轟門の狛犬は通例どおり阿形と吽形のペアになっています。

しかし暗くてよく見えないのが残念です。

清水寺・轟門の場所

清水寺の轟門は拝観券購入窓口の真横、仁王門から入って田村堂の後方、朝倉堂の右脇、本堂(舞台)の手前に位置します。

この轟門は拝観券のチェックする係員の方が立っていますので、拝観券を見せることで本堂・舞台や御朱印の授与所へ行くことができます。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ