京都・清水寺「阿弥陀堂」【重要文化財】

スポンサードリンク

京都・清水寺「阿弥陀堂」【重要文化財】【法然上人二十五霊場・第13番札所】

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%83%bb%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%80%8c%e9%98%bf%e5%bc%a5%e9%99%80%e5%a0%82%e3%80%8d

創建年

  • 不明
再建年

  • 1631年(寛永8年)から1633年(寛永10年)再建※江戸前期
  • 1996年(平成8年)
建築様式(造り)

  • 入母屋造
  • 背面一間通り庇付
  • 鏡天井
  • 一重
大きさ

  • 桁行三間(奥行:約6m)
  • 梁間三間(横幅:約6m)
屋根の造り

  • 桟瓦葺
重要文化財指定年月日

  • 1966年(昭和41年)6月11日
御本尊

  • 阿弥陀如来坐像
発願者(寄進者)

  • 徳川家光

清水寺・阿弥陀堂の読み方

清水寺の境内には難しい漢字の表記のお堂や御本尊がありますが、阿弥陀堂は「あみだどう」と読みます。

尚、この阿弥陀堂は鎌倉時代初頭、境内の「音羽の滝(おとわのたき)」にちなみ「滝山寺(りょうせんじ・たきやまでら)」とも呼称されていたようです。

清水寺・阿弥陀堂の歴史・由来

仁王門、三重塔、本堂などを経て、清水寺の境内の最奥には3つ堂舎が立ち並んでおりますが、その内の1つの堂宇がこの「阿弥陀堂」です。

阿弥陀堂の創建年は不明とされており、その理由としては現在に至るまでの度重なる境内焼失により、確かな記録を残す文献が存在しないことにあります。

この阿弥陀堂は「浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)」が1188年(文治4年)に修行した後、日本で最初に「念仏・常行三昧(じようぎようざんまい)の修行道場として定めています。

後の時代では「法然上人二十五霊場」の1つとして「法然上人二十五霊場の13番円光大師二十五霊場第十三番)」に指定されるに至っております。

念仏・常行三昧とは、90日間に渡り「阿弥陀像」の周りを歩きながら仏の名を唱え続ける修法です。

その他、京都に6か所ある「洛陽六阿弥陀(らくようろくあみだめぐり)」の1つにもなっており、1717年(享保2年/江戸時代中期)に定められています。

「洛陽六阿弥陀」とは、「木食正禅上人(もくじしょうぜんしょうにん)」の発願により始まった巡拝方法で、京都市内の「阿弥陀如来像」を祭祀する「6つの霊場」を、定まった巡拝日に巡拝することを言います。

ちなみにこの巡拝を3年3ヶ月続けると祈願成就、無病息災、一族繁栄、健康長寿などのご利益を授かることができると云われています。

【補足】京都・洛陽六阿弥陀 一覧

  • 1番「真如堂」
  • 2番「永観堂」
  • 3番「清水寺・阿弥陀堂」
  • 4番「安祥院(日限さん)」
  • 5番「安養寺」
  • 6番「誓願寺」

スポンサードリンク -Sponsored Link-






清水寺・阿弥陀堂の建築様式(造り)と見どころ

現在の堂舎は奥の院へ行きやすくするための通路が設置されており、前方の外陣部分が少し狭まっています。

1996年(平成8年)に実施された修復工事においては、古来の「柱の朱色」や「堂舎の極彩色」が見事なまでに復元されています。

特に「長押(なげし)」などの「鳳凰」や「唐草模様」の色彩は見事と言うほか、言いようがなく空いた口を塞ぐのも忘れていますほどのインパクトを受けます。

後柏原天皇の直筆の「扁額(へんがく)」

内陣正面の額は後柏原天皇の勅筆によるもので「日本最初常行念仏道場」と書かれています。

%e6%9f%8f%e5%8e%9f%e5%a4%a9%e7%9a%87%e3%81%ae%e5%8b%85%e7%ad%86%e3%80%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%9c%80%e5%88%9d%e5%b8%b8%e8%a1%8c%e5%bf%b5%e4%bb%8f%e9%81%93%e5%a0%b4%e3%80%8d

法然上人像

また、本尊・阿弥陀如来坐像の脇には「法然上人像」が「厨子(ずし=割と豪華な箱)」の中に安置されています。

法然上人は平安時代の末期に誕生した僧侶で滋賀県の「比叡山延暦寺」で修行に励み、後に浄土宗を開いた人物です。

法然上人は、1188年(文治4年/鎌倉時代初頭)にこの清水寺阿弥陀堂へ訪れ、説戒(せっかい/受戒した者に仏教の戒律を説く)を行っています。

後にこの由来から、この阿弥陀堂は「法然上人二十五霊場」に数えられることになります。

鏡天井の「迦陵頻伽・妙音鳥」

堂内の天井は「鏡天井(かがみてんじょう)」となっており、「迦陵頻伽(かりょうびんが)」または「妙音鳥(みょうおんちょう)」と呼ばれる空想上の鳥が描かれています。

「鏡天井」とは「格子天井(こうしてんじょう)」のような正方形の縁で区切ったような天井ではなく、板を数枚張り巡らした「真っ平らな天井」のことを言います。

「迦陵頻伽」は別名で「妙音鳥」とも呼称され、これは「美しい声で鳴く鳥」と言う意味合いになります。

つまり、迦陵頻伽が描かれた絵は「仏の世界である浄土」を意味しています。

%e8%bf%a6%e9%99%b5%e9%a0%bb%e4%bc%bd↑迦陵頻伽

阿弥陀如来坐像

造立年:不明(推定:江戸時代初期)
像高:192㎝
造立方法:寄木造り、玉眼、表面・漆箔塗り
材質:ヒノキ材


御本尊の阿弥陀如来坐像は江戸時代に僧侶の「源信(げんしん)」通称「恵心僧都(えしんそうず)」の手によるの造立とされており、漆を塗って金箔を押した「漆箔」仕上げの、きらびやかで美しい坐像となります。

阿弥陀堂の御本尊の大きな特徴としては、本堂の御本尊の次の大きい仏像となり、 像高が約192㎝あります。

阿弥陀如来坐像に背中部分の「光背(こうはい)」は「阿弥陀浄土の世界」を表現してます。

また、御本尊の左脇には極彩色と金色の逗子に蓮華台に座した法然上人像が安置されています。

ちなみに、拝観した時に見ることのできる御本尊は本物の御本尊ではなく、代わりとなる「御前立像(おまえだちりつぞう)」であり、本尊に似せて造立された仏像になります。

余談とはなりますが、「他力本願」と言う言葉が世間一般的によく使用されていますが、この言葉を生み出したのはなんと!この阿弥陀如来とされており、他力本願の「他力」とは阿弥陀如来が人々を救済することと云われております。

また、浄土宗では死を迎えると、阿弥陀如来によって存命中の「功徳(くどく)」や「行い」が「九品(くほん)」と呼称される「9段階の評価」が付けられ、その評価に応じて迎えに訪れる如来が異なると云われております。

 

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%83%bb%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%80%8c%e9%98%bf%e5%bc%a5%e9%99%80%e5%a0%82%e3%80%8d%e3%81%ae%e5%a4%96%e9%99%a3

清水寺・阿弥陀堂の御朱印

ここ阿弥陀堂ではなんと!御朱印をいただくことができます。

中央に「阿弥陀如来」と墨書きされ、右上には「円光大師二十五霊場第十三番」の朱印の押印があります。

%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%81%ae%e9%98%bf%e5%bc%a5%e9%99%80%e5%a0%82%e3%81%ae%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0尚、「円光大師(えんこうだいし)」とは法然上人の死後に敬って送られた名前です。

  • 御朱印授与場所:境内の舞台裏の納経所(地主神社の入り口近く)
  • 御朱印の値段:300円
清水寺・阿弥陀堂の場所

清水寺・阿弥陀堂は、境内の最奥、前方に釈迦堂があり真後ろに奥の院が位置します。

ちなみに阿弥陀堂では毎月の縁日に法要が執り行われ法話を聞くことができます。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ