激!当たると噂の京都・地主神社のおみくじ!!「効果・番号の順番・確率・値段・内容の説明」について

スポンサードリンク

激!当たると噂の京都・地主神社のおみくじ!!「効果・番号の順番・確率・値段・内容の説明」について

京都・地主神社のおみくじ

えぇっ?京都・地主神社のおみくじは日本一のおみくじ?!

京都・地主神社は「縁結び」の神社として知られ、清水寺境内の舞台を抜けた先に位置します。

ここ地主神社のおみくじは、恋愛に特化した「縁結びおみくじ」を引くことができることで有名です。

そして、驚くことになんと!!

日本でもっとも多く引かれてる「日本一のおみくじ」だということなんです!

毎日大勢の方が引くので、おみくじ箱(くじを引く八角形の筒)では間に合わず、「3つの台」に盛られた「おみくじの山」から参拝客が直接引く方法がとられています。

京都・地主神社のおみくじの特徴「内容が読みやすい」

京都・地主神社のおみくじは、その内容も現代の若者に分かりやくなっているのが特徴的です。

一般的な「おみくじ」は「運命」と大きく書かれた場所に、難しい漢詩や和歌と共に「第○番・大吉」などと記載されています。

しかし、地主神社のおみくじは漢詩や和歌などは入っておらず、簡潔に運勢のみが記されており、伝統に縛られない形式になっています。

他にも、おみくじの内容の文面も、20年ほど前から現代人でも分かるように、柔らかい口語に翻訳されています。

翻訳された理由とは、「文語文(平安時代のクソほど難しい書き言葉のこと)」が読めず「失せ物出ず」の「出ず(いでず)」を「でず」と読んでしまう人が増えたからだそうです。

ちなみに筆者も「でず」と読んでいました。

京都・地主神社のおみくじの吉凶の種類・番号・内容

京都・地主神社のおみくじの確率

京都・地主神社のおみくじの吉凶の種類

京都・地主神社のおみくじの吉凶の種類は全部で7種類あります。

縁起のよい順に並べると、「大吉 > 吉 > 半吉 > 小吉 > 末吉 > 凶 > 大凶 」という順番になります。

京都・地主神社のおみくじの番号

番号は伝統的なおみくじと同じく「一番から百番」まであります。

  • 一番は大吉
  • 二番は小吉
  • 三番は大凶

・・と、このように番号と種類の関係は、昔から決まっているものを、現代においても部分的に採用しています。

部分的にとは、必ずしもこの番号が「大吉」とか、この番号が「大凶」などというようには決まっていないということです。

番号は特におみくじの内容とは関係が無いようなので、気にする必要はありません。

まぁ、番号よりもおみくじの文面(内容)の方が大事だということですね。

京都・地主神社のおみくじの内容

番号と「大吉」「吉」などの下には、いよいよ神様のお告げの内容が書かれています。

まずは「運勢」の段に、どういうことが起こりそうか、何をするのが良いのかといったことの概略があります。

その下には、金運・失物・旅行・待人、そして赤色の見出しで「恋愛」と「縁談」という6つの項目について、運勢が示されています。

金運や失物については一言か二言ですが、「恋占いおみくじ」としては最も重要な「恋愛」と「縁談」については、太字で、運勢や戒めの言葉、アドバイスが長めに書かれています。

ぜひ!じっくりと読んで心に留めてください!

地主神社のおみくじの漢字の読み方と意味

  • 大吉(だいきち):大きく当たったゾ!!..っしゃぁ~~!!スカッと爽快
  • 吉(きち):当たり!
  • 半吉(はんきち):当たり!ただし半分だけ!
  • 小吉(しょうきち):ちょっとだけ・・当たり!
  • 末吉(すえきち):う~ん・・まぁ・・当たり!
  • 凶(きょう):おみくじの内容を参考にして日々よく実践すべし!
  • 大凶(だいきょう):いかなる行動は慎重に。特に新しいことを始める時。

地主神社では、大吉を「特に良い」、吉を「良い」、凶を「良くない」、大凶を「ぜんぜん良くない」など、わかりやすくおおまかに説明した言葉が書いてあります。

「ぜんぜん良くない」とはなかなかストレートで傷つく言葉ですが、肝心なのは内容をよく読み、神の教えに従って、運勢を好転させようと努力することです!

地主神社のおみくじ 結ぶ?持ち帰る?

引いたおみくじをその場で結ぶかどうか、毎回悩む!という方も多いのではないでしょうか。

でも、ご安心ください!

地主神社では、悩めるあなたのために、どの運勢が出たら結ぶのかということが、以下の通り書き示されているのです!

  • 大吉(だいきち):かならず持ち帰る
  • 吉(きち):持ち帰る
  • 半吉(はんきち):持ち帰っても良い
  • 小吉(しょうきち):持ち帰っても良い
  • 末吉(すえきち):結んでも良い
  • 凶(きょう):結ぶ
  • 大凶(だいきょう):かならず結ぶ

大吉・吉は持ち帰ること、凶・大凶は結ぶことが推奨されています。

また、おみくじ自体にも、「良いおみくじはお持ち帰り下さい」とあります。

結ぶか持ち帰るかで毎回悩むあなたは、これを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、一般的には、悪い運勢が書いてあるおみくじは結ぶとされることが多いものの、どんな内容でも、結んでも持ち帰っても問題ありません。

ただ、神様のお言葉が書かれたものですから、粗末に扱わないようにしてください。

地主神社のおみくじの割合について

京都・地主神社のおみくじの割合は、「吉」の数がもっとも多いそうです。

残りの、大吉・半吉・小吉・末吉・凶・大凶は、すべて割合が均一で、同数のおみくじが入っているようです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






京都・地主神社おみくじの確率について

それでは、気になるおみくじの確率についてのお話を少ししておきますね。

できれば、良いクジを引き当てて、ルンルン♪気分で、スカシっ屁でもカマしながら帰りたいものです。

神社によっては、参拝者のガッカリ感を軽減するために、わざと「凶」を入れていない神社もあるくらいです。

つまり、おみくじの確率は神社によってマチマチといったことになります。

そもそも、おみくじは、良源の「元三大師御籤(がんさんだしおみくじちょう)帳」が起源とされています。

この書物では、以下のようにおみくじの確率が明言されています。

  • 吉(35%)
  • 凶(29%)
  • 大吉(16%)
  • 小吉(20%)
  • 末吉(20%)
  • 半吉(20%)
  • 大凶(20%)

現代では、これを基本としながらも、吉凶割合は、各寺社の裁量により異なっているわけです。

調査によると、平均的に20%大吉が入れられているという結果が出ているらしいです。

これらの情報を参考に、地主神社のおみくじの確率を想定しますと、以下のような確率と割合になります。

  • 吉⇒16%程度
  • 大吉⇒14%程度
  • 半吉 ⇒14%程度
  • 小吉⇒14%程度
  • 末吉⇒14%程度
  • 凶 ⇒14%程度
  • 大凶⇒14%程度
京都・地主神社のおみくじの値段(料金)

  • 1回200円
京都・地主神社のおみくじが引ける場所と時間

入口となる鳥居をくぐって階段を昇り、左脇の「祈願殿(拝殿)」でおみくじが引けます。(本殿の前です)

地主神社の境内は想像以上に狭いので、すべての占い関係や祈願などはすぐに目につきます。

なお、地主神社のおみくじが引ける時間(参拝時間)は、9時から17時となっています。

【補足】えっ?!おみくじは、とある神社の製作所で作られている??

実はなんと!日本全国のおみくじの大部分を手掛ける製作所が、とある神社にあるのです!

 

詳細は、当サイトの以下のページにてご紹介していますので、ぜひご覧ください!

おみくじ日本一の会社が山口県にあった!?

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ