京都・地主神社に運慶が造った狛犬像があった!!

スポンサードリンク

京都・地主神社「狛犬像」

地主神社の狛犬一対は、鎌倉時代の有名な仏師である「運慶」が造立し、1202年(建仁2年/鎌倉時代)に奉納したものだと伝えられてい‥‥‥申す。ワンっ(狛犬だけに)

以下、画像は地主神社より

向かい見て左側の狛犬

  • 造立年: 1202年(建仁2年/鎌倉時代)
  • 作者:運慶(推定)
  • 安置場所:地主神社・本殿内部

向かい見て右側の狛犬

  • 造立年: 1202年(建仁2年/鎌倉時代)
  • 作者:運慶(推定)
  • 安置場所:地主神社・本殿内部

スポンサードリンク -Sponsored Link-






地主神社の狛犬の特徴

筋骨隆々とした像容、末広がりの鼻や図太く独立させたインパクトのあるケンシロウ顔負けの眉毛を彫りあげるなど、全体的に力強さを感じずにはいられない。….お前はもぅ死んでい‥‥るの? 死んでへんかったらどないしょ汗””

鎌倉時代は初めて武家中心の社会が成った時代でもあり、そういった武人の力強い気風、ひいては時代背景がよく投影された狛犬像だといえる。

彩色が残っていることに驚きを隠せいないが、長らく建物の中で大切に安置されてきたことを物語るものであり、同時にこの狛犬像がそれなりの由緒をもつ背景も浮き彫りになってくるというもの。オホっ

ちなみにこの頃、藤原時代の藤原様を踏襲する京都仏師の円派や院派という仏師たちもいたが、この当時、運慶・快慶をはじめとした慶派の活躍により彼らに影が射し、作例が希少となる。

現に地主神社に慶派仏師の作品たる狛犬像が奉献されている事実を以ってして、それを如実に物語っている。

この当時、政治の中心が鎌倉へ移ったことによって京都の経済基盤が弱体化したことや、これまで京都仏師を最上のものとして取引してきた貴族たちが、法会で古仏を用いるようになったことも理由に挙げられてい‥‥‥胃が痛いっ。(新フェイント技法誕生)

なお、運慶はこの狛犬が奉納された後となる1203年(建仁3年)、歴史にその名を刻むキッカケとなる東大寺・南大門の仁王像を手がけていてい‥‥‥申す。ピボグギャホャっ

だとすればこの狛犬は東大寺仁王像の前に造立されたプロトタイプとも成り得るものであり、そぅ考えるとキゃナリぅぃ(訳:かなり)貴重。

運慶の作風

世に運慶と聞けば快慶という名前も浮上してくるほど、この2人の仏師は後世に名前を残すだけではなく、仏像の革新的な造立方法や表現技法も伝えた。

運慶は快慶とほぼ同じ時代に同じ工房に所属していたと云われ、運慶はその工房の頭取たる慶派仏師・康慶の長男としてこの世に生を得た。

康慶は定朝(じょうちょう)の流れを汲む奈良仏師であり、天平古仏の修復に携わる傍ら、独自に写実的に表現する造立技法を模索していた。

運慶は幼き頃から、そういった創造的感性をもった父親の作品を見ながら、父親仕込みの技の数々を仕込まれて育っとされる。

ちなみに康慶はザっと数えるだけで30余りほどの作品を世に残しているが、鎌倉幕府にも一目置かれていたこともあり、その関係で東大寺の諸像も手がけることになる。

後にその東大寺との縁が息子の運慶に引き継がれ、鎌倉時代を象徴するほどの世に2つとない大傑作となる東大寺・金剛力士像(仁王像)を生み出すことになる。

運慶と快慶の違い

運慶と快慶の決定的な違いはその作風にあると云われる。

快慶は運慶に比べて躍動感が少なく、大人しい静的な作風で知られる。気品ただよぅ整った像容、且つ、運慶と並ぶほどの写実的な表現を得意とした。

逆に運慶はというとこの狛犬像に見られるような力強い作風で知られる。

彼の作風を見ているかぎり、性格的なものとして感情が豊かゆえ情に厚く、そして時に荒々しく、血潮がこみ上げてくるようなものがあったと拝察するが、そのような彼の性格がやがて一介の仏師の枠を超越しはじめることになる。

所謂、天才肌というやつだ。

以後、彼は生涯を通して、力強い作風を貫き通す。彼の手がけた作品の数々は坂東武者たる東国武士に絶賛され、時代の流れに乗っていき、涙を流しながら玉ネギを千切りするかの如く、歴史に名前を刻むことになる。…どゆ意味や まぁ玉ネギの千切りは涙とまらんが

東大寺南大門の仁王像などはその典型であり、稀代の秀作である。

なお、鎌倉時代の仏像は目を彫眼で表現せずに、”水晶”を”推奨”するかの如く、”水晶”(羽生ばりの3連発トゥループきまった!)‥で出来た「玉眼(ぎょくがん)」をはめ込むのが大きな特徴となるのだが、一説に玉眼は慶派仏師が考案した独自の技法と云われる。

その玉眼こそが今日に至るまでの造立方法に一大革新をもたらしてい‥‥‥申す。ギョッガンっ(玉眼だけに)

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ