京都・清水寺で働きたい!清水寺の求人情報「 僧侶・正社員・契約社員・アルバイト・パート」

スポンサードリンク

京都・清水寺で働きたい!清水寺の求人情報「 僧侶・正社員・契約社員・アルバイト・パート」

京都・清水寺で働きたい!清水寺の求人情報「 僧侶・正社員・契約社員・アルバイト・パート」なかなか景気が良くならない我が国。

日本の完全失業率は、現在は約3%だそうですが、その一方で、派遣など、いわゆる非正規雇用で働いている人も多く、安定した職種に就くのは難しい状況が続いています。

最近、お寺に関するバラエティ番組が人気になり、お寺で仕事をしてみたいと思う人も増えているようです。

ましてや、清水寺のような著名なお寺に就職するとなれば、大企業に就職するようなものですから、「清水寺で働いてみたい!」と考える方がいるのも頷けます。

さて、清水寺では、現在求人をおこなっているのでしょうか?

まず、お寺の職業として真っ先に思い浮かぶのが「僧侶」。

厳しい修行や朝のお勤めなど、大変な仕事であると言うイメージがある一方で、年収は比較的高めで、「600~700万円」と言われています。

まさに「坊主丸儲け」とは、その言葉の通りです。

ましてやそれが清水寺なら、さらにお給料はいいのではないかと思いたくなりますよね?

清水寺では新規の僧侶の募集はしているのでしょうか?

調べによりますと、残念ながら、その募集は行われていないようです。

しかし、清水寺にあえて就職する方法(清水寺の僧侶になる方法)の例を述べてみたいと思います。

京都・清水寺の(正社員・正規)の僧侶になるには?

  1. 清水寺の僧侶になるには、宗教系の学校を卒業する必要があります。
    すなわち、単位が必要ということになります。(新卒の場合)
  2. 系列のお寺に僧侶として入り、修行を何年か続けた後、位の高い高僧の紹介で清水寺へ途中入所という形で入る(中途採用)。

など、いずれにしても狭き門であることは確かなことです。

※これらの情報は、現在の清水寺に対しての確実的なものとはいえませんが、通常のお寺の統計で記載しています。

京都・清水寺の(パート・アルバイト)求人について

京都・清水寺の(パート・アルバイト)求人について清水寺では、僧侶以外にも、拝観受付やお寺の管理、警備の仕事に就いている方がいらっしゃいます。

清水寺として、これらの職種の直採用の求人は行われていないようですが、周辺の派遣会社に、清水寺をはじめとする、寺院の拝観スタッフの募集をしているところがあるようです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






清水寺の拝観スタッフ

清水寺拝観スタッフ仕事内容

拝観スタッフは時給は、けっしてど多いとは言えませんが、お寺の境内の案内や受付のお仕事です。また、看板としての側面がありますので、重要なお仕事です。
中には、遠方から一生に1度となるような参拝に来られる方もいらっしゃいます。

未経験でも働くことが可能でこれといった知識も必要がありません。
(マニュアルがあるようです)

しかし、知識は必要ありませんが、神社やお寺が好きだという方が好ましいのは間違いありません。

清水寺拝観スタッフの募集時期

通年(時期は特にありません。都度、募集があります)

清水寺の警備スタッフ

初詣や紅葉時期の特別拝観の時期などは、お寺にとっては1年に1度の大繁忙期です。

このような混雑・渋滞時期で大活躍するのがスーパースターともいえるべき「警備員」です。

清水寺も警備スタッフが大増員されることがありますが、これも、周辺の警備会社などから派遣されることが多いようです。

清水寺の警備員の仕事内容

境外(清水寺の周辺・付近の道路)での警備(交通誘導・案内・参拝客の安全を保護)

境内での案内(事故を未然に防止するための境内の参拝客の整理)


他にも、希に清水寺の「直雇用の警備員」の募集(正社員・パート)があるようです。
しかし、募集時期も定かではなく、現時点では募集はありません。

ちなみに以下は、清水寺の系列(法相宗)のお寺の求人情報です。

京都・清水寺の系列のお寺(法相宗)の求人情報

寺の運営管理補助(パート・アルバイト)

拝観受付・案内(参拝者の案内、拝観窓口の受付)

寺の掃除(境内・周辺)拭き掃除、掃き掃除

寺の事務(経理補助、PCを使用しての事務work、電話応対、接客応対など)

  • お給料:日給5000~6000円
境内の警備員(正社員・正規職員)※夜間警備がメイン

夜間行事のお手伝い
お寺の毎朝の勤行の準備
※研修あり

  • お給料:月給15万円ほど
お寺の食堂の調理

僧侶・職員の昼食・夕食(一部)の準備
食堂の片づけ

お寺で働く際の留意点(デメリット)

お寺で働く際に、注意することがあります。
まず、お寺は毎日稼働しています。つまり、休みがありません。
したがって、休日は日曜祝日関係なく休みがやってきます。
※大抵、お寺は土日祝が繁忙期となりますので平日が休日となる場合が多いようです。

それと、年間休日が一般の企業と比べると少ないです。(60日から80日ほど)
さらに中には、修行が厳しいお寺も少なからず多いようです。
つまり、こういったお寺に入るのは気持ち1つで入所することができますが、修行の厳しさについて行けずに「夜逃げする人」が多いようです。

お寺で働くことのメリット

法事関係に詳しくなれる。
繁忙期以外、残業がほとんどない。(定時で帰宅できる)
精神が鍛えられる

京都・清水寺の求人掲載先

これら上記の求人が主に掲載されているのは「ハローワーク」が多いです。
他に「タウンワーク」や、「地域限定の雑誌」に掲載されることが多いようです。

※統計的に、お寺や神社の常用雇用(正社員・パート)の求人はハローワークが圧倒的に多いようです。

清水寺の求人一覧・詳細はコチラから

おわりに・・

いずれも観光シーズンが近づくと、これらの臨時職員の募集が行われることがあるので、逐一、就職サイトなどをチェックしてみるとよいかもしれません。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ