【え⁉️期間限定の御朱印❓】八坂の塔(法観寺)の御朱印の種類や値段(料金)と場所(受付時間)を‥‥密かに知るつもり❓

スポンサードリンク

法観寺といえば「八坂の塔」。

その八坂の塔でも以下のような素敵てきてきテキーラ一気 やばっ‥‥てなほどの素敵💕な御朱印がいただける❗️ どんな度合いや

※注意※

八坂の塔(法観寺)で御朱印をいただくためには所定の拝観料金を納めて境内へ入る必要があるので、別途、拝観料金が必要になる。

また法観寺の境内は清水寺のように常時オープンしていない。主に土日祝日にしか境内に入れない。

八坂の塔でいただける御朱印の種類

 御本尊「五智如来」の御朱印

令和4年バージョン

御朱印中央部には八坂の塔の御本尊である「五智如来」と大きな墨書きが入る。

そしてその下の青き肌に白きマナコ(眼)、白歯&歯揃ぃガクトMAXを有した生き物は‥村の深〜ぃ森の大樹に棲むとされる‥あ、TOっ、TOっ、TOぉ〜ぅ とっ、 ‥‥あ、関係なかったね。フォーーーーー‼️ っ

平成27年バージョン

右上には東山のシンボルたる「八坂の塔(五重塔)」の形状の印判が押され、その中には聖徳太子御建立‥‥と刻字が見える。

中央には山号たる「霊応山」と寺号の「法観寺」の印判、左下には「京都 八坂塔 東山」の印判も押され、この御朱印を以って八坂の塔が京都東山のシンボルであることを示してい‥‥‥申す。….ウ〜ん

  • 御朱印の冥加料(価格):300円

法観寺の御本尊・ゴチになる‥ではなく「五智如来」についての詳細は以下のページを参照💘

法観寺(八坂の塔)の期間限定の特別御朱印

‥‥実はこの写真を撮影した時、祇園一帯では「東山花灯路」と云ぅイベントが開催されてい申したが、高台寺のようにイベントに因んだ特別御朱印はあるか尋ねたところ‥、『これまで期間限定や特別にデザインが改変された御朱印等はお出したこと(頒布)がない』とのこと。

この事実は上掲2体の御朱印画像を見比べることで理解できるのだが、平成27年度から御朱印のデザイン的な構図は同じとみれる。

ただ、今後、頒布される可能性は充分にあり得る。 アリエール落ち具合どぅ❓


スポンサードリンク -Sponsored Link-






法観寺の御朱印がいただける場所

  • 境内出入口となる拝観受付

⬆️法観寺の拝観受付とその右が出入口になる。

⬆️法観寺の出入口

法観寺境内での平均滞在時間

法観寺の境内は、おおむねどの位置に行っても拝観受付が見えるほどの面積となる。

言うならば、八坂の塔のための寺とも呼べるほど、八坂の塔を中心としたその周囲にわずかに境内地が広がるのみ。

土日でも公開されていないことがあるが、境内には茶室もあって、お茶と茶菓子をいただける。

それと八坂の塔は平時は2層目までしか上がれないので、塔だけなら小窓から景色を楽しむなどしても、せいぜい15分〜20分程度滞在すれば満足できる。

拝観料金を支払って退出するまでのトータルで滞在時間を考えると、30分くらいが目安となる。うきゃ

法観寺(八坂の塔)での御朱印のもらい方

八坂の塔では上掲写真の拝観窓口にて拝観料金を支払う際、御朱印が必要なのかを聞かれるので、いただくのであれば御朱印帳を預けて番号札をもらぃ、境内をグルっと拝観してから最後に番号札を返却して、預けた御朱印帳を受け取る。

なお、法観寺では御朱印帳を取り扱っていないので要注意💘

法観寺の御朱印がいただける日や時間

御朱印がもらえる日

まず、法観寺は他のお寺と異なり、御朱印がいただける日がある。

平日(月曜日から金曜日)までは基本、境内が閉鎖されている。

つまり、土日と祝日にならないと境内が公開されない。

ただし、土日祝日でも天候の悪い日は閉鎖している場合がある。

遠方から旅行に来ている場合は事前確認必須💘

御朱印がもらえる時間
  • 午前10時〜午後15時まで

御朱印を御朱印帳へ書いてもらう場合はギリギリになると書き手の方が退席されていることもあるので、14時頃までに行けるような段取りがオススメ💘

万が一、書き手の方が退席されていてもすでに書かれた御朱印であれば、手渡しでいただける。

法観寺(八坂の塔)の拝観料金や拝観時間など

下記ページを参照💘

法観寺の場所(地図)

法観寺への交通アクセス

法観寺までの交通アクセスに関しては以下ページを参照💘

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ