えぇっ?!京都・清水寺には1000年以上前から伝わる「秘仏」がある?!

スポンサードリンク

えぇっ?!京都・清水寺には1000年以上前から伝わる「秘仏」がある?!

京都・清水寺には、1000年以上前から伝わる秘仏があると言うのをご存知でしょうか?

その1000年以上前から清水寺に伝わるとされる仏像こそが、京都・清水寺「本堂」のご本尊である「十一面千手観世音菩薩立像」になります。

この千手観音像は清水寺に残っている寺伝(記録)によると、創建当時のご本尊は火災で焼失して現存せず、現在、見ることができる千手観音像は1220年頃(鎌倉時代)に再び創建当初の本尊を模して造立されたものだろうと考えられています。

つまり、約800年前に造像された仏像ということになります。

京都・清水寺「木造・十一面千手観世音菩薩立像」【秘仏】

画像引用先:http://www.kiyomizudera.or.jp/

造立年

  • 不明
  • 推定:1220年代/鎌倉時代
像高

  • 173cm(秘仏ご本尊)
  • 142㎝(御前立)
  • 光背から台座までの高さ:約260cm※秘仏ご本尊
造像方法

  • 素木・寄木造り
材質

  • ヒノキ
  • 水晶(白毫部分)
作者

  • 不明
  • 推定:慶派仏師
腕の数

  • 42本
安置場所

  • 清水寺・本堂

十一面千手観世音菩薩立像の読み方

清水寺の境内には読みにくい名前の堂舎や仏像がありますが「十一面千手観世音菩薩立像」は「じゅういちめん せんじゅかんぜおんぼさつ りゅうぞう」と読みます。

また古くから「清水の観音さん」と親しみを込めて呼ばれています。

現在は世界遺産としての清水寺や舞台の方が有名ですが、江戸時代などでは特に御本尊のご利益の効果が「モノ凄い」ということで有名でした。

十一面千手観世音菩薩立像を作った人物(作者)とは?

十一面千手観世音菩薩立像が造立された年は不明とされていますが、作風などの観点からの考察によると、鎌倉時代に造像されたと伝わる像です。

しかし、作風からして鎌倉時代に大活躍した「慶派仏師・快慶(かいけい)」か「慶派の仏師」であると考えれられています。

「千手観音」とは?

千手観音は、現代ではもっともメジャーな仏像ではないでしょうか?

腕を1000本持つ仏様は珍しく格好が良いことから、よくアニメなどのキャラで多数の腕を持つキャラが描かれたりします。

これはすべての観音像に言えることですが、実は千手観音の正式名は「千手千眼観自在菩薩(せんじゅせんげんじざいぼさつ)」と呼称します。

これは単に「1000本の腕を持つ菩薩様」という意味合いではなく「無限」や「果てしない」を意味します。

1000本の各1本1本の手には目が付いており、さらに1000の顔を持つとも言われ、これらの顔や手で無限の衆生(しゅじょう)を漏れなく救済します。

ただし、仏像としての千手観音には1000本の腕があるわけではなく、実際には42臂(42本)が通例とされ、左半身20本と右半身20本の合計40本と、胸のあたりで合掌(がっしょう)して「印」を組む手が左右で2本の、合わせて42本となります。

これら40本の腕、1本1本の手はそれぞれ異なった持物(仏像が持つ持ち物のこと)を持ち、また、25もの力が宿るとされ「40☓25=1000」で無限の衆生を救済するという解釈になります。

余談ですが、清水寺の御朱印をいただいた方はご存知かと思われますが、御朱印の中央には「大悲閣」と墨書きされています。

これは「大いなる慈悲を持つ観音様をお祀りした閣(建物=寺院)」を意味します。

つまり「大いなる慈悲を持つ観音」とは、この清水寺のご本尊である千手観音や観音様のことを指します。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






三面千手観世音菩薩座像の特徴・見どころ

清水寺のご本尊は本堂行けば普通に拝むことができますが、残念ながらこれは「御前立(おまえだち)」と呼称されるご本尊を忠実に模して造像された「仮の仏像(偽物)」になります。

よってご本尊は厨子(ずし)と呼ばれる箱の中に収められており、通常は清水寺の僧侶や住職ですら見ることができなくなっています。

また、清水寺のご本尊は大きな特徴をもっており、通称で「清水型千手観音像」と言われています。

この理由は特殊な「千手観音のポージング」にあります。

ちょっと、清水寺のご本尊の頭上を見てください。

夏休みのクソだるいクソみたいな景品目当て行くラジオ体操の時のように腕が頭上で組まれていませんか?

分かりますか?

大抵の千手観音は胸のあたりかその下のヘソのあたりで合掌したり印を組んだりしていますが、清水寺のご本尊は両腕を真上に上げて印を組み、健康的で快活な実に熟した美しいOLが早朝からヨガ体操をしているかのようにも見えます。

これこそが「清水型」と呼称される理由であり、清水寺しか見られないスタイルの千手観音になります。

そして疑問に思った方もおられると思いますが、もう1度、よく組み上げた両手に注目してみてください。

何かを乗せているように見えませんか?

実は、この両手の先には「化仏」と呼称される小さな可愛ぃ~仏様が乗っています。

化仏とは「けぶつ」と読み、これは仏様がいっさいの衆生(しゅじょう/生きとし生ける万物)を救済するために变化した姿になります。

このような千手観音は実は他にも日本各地に存在しているのですが、あえて「清水型」と言われる所以は、この本尊こそがオリジナルであり、他の寺院の仏像はすべて、この清水寺本堂のご本尊を模して造像された仏像であるからです。

じゃあ、ご本尊は一生見れない??

と、言う疑問がここで飛び出てきますが、なんと!特別に一般公開される時があります。

ただし、この一般公開の時期は、ルーレットやジャンケンで決めた日に一般公開されるわけではなく、御本尊の教理である「観音経」の経典の中の「三十三身して衆生を救う」という教理をもとに御開帳(ごかいちょう/=公開)されます。

すなわち「三十三身して衆生を救う」の教理もと、「33年ごとに1度だけ」厨子(箱)が開かれ、手を合わせて真摯に祈りを捧げる衆生(者)は、すべて漏れなく救済するという解釈になります。

じゃあ、普段は何に対して拝めばいい??

上述した通り、清水寺のご本尊は33年にたった1度しか拝することができないことから、通常の日は何に対して手を合わせれば良いのか?・・と迷うところです。

しかし、これに関しては御本尊の厨子の間近で手を合わせるだけでも御本尊に通じるものがあり、それだけでご利益はあるのですが、それだけではどこか淋しい感じがします。ポツ~ん

そこで、なんと!御本尊の外陣(げじん/礼堂)に「懸仏(かけぼとけ)」もしくは「御正体(みしょうたい)」と呼称される「本尊の姿をそのまま彫刻にした銅製の円盤」が「欄間(らんま/天井付近)」に設置されています。

この懸仏は誰でも気軽に拝観することができますので、清水寺の本堂へ参拝した折には是非!手を合わせてお祈りしてみてください。

かなり精巧に作られていますので、造形美や美術に興味のある方でもその出来映えに驚かれると思います。

清水寺のご本尊の御開帳はいつから始まった??

このような33年1度の御開帳の風習は清水寺の寺伝によると江戸時代から始まったと云われています。

ただし、清水寺は過去に幾度も伽藍(がらん/境内)の焼失を繰り返していることから、確たる証拠文献が現存しておらず、確かな年数は明らかにされていません。

御開帳に基づいた現存している清水寺の最古の書物によれば「1773年(安永2年)」に御開帳された記録が現存しているのみのようです。

この書物に描かれた絵によれば、行列を成して日本全国から参拝に訪れる人々が描かれており、清水寺しいては京都を代表するような一大イベントであったことが明らかにされています。

京都・清水寺「十一面千手観世音菩薩立像」の安置場所

十一面千手観世音菩薩立像は、奥の院・内陣に安置されています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ