京都・清水寺「馬駐」【重要文化財】

スポンサードリンク

京都・清水寺「馬駐」【重要文化財】

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%83%bb%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%80%8c%e9%a6%ac%e9%a7%90%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96%e8%b2%a1%e3%80%91

創建年

  • 不明
再建年

  • 1467年(応仁元年)から1477年(文明9年)
  • 2010年(平成22年)
建築様式(造り)

  • 切妻造
  • 一重平屋建て
屋根の造り

  • 本瓦葺

※化粧屋根裏造り

大きさ

  • 桁行五間(約10.5m)
  • 梁間二間(約6m)
  • 高さ:約5.5m
重要文化財指定年月日

  • 1952年(昭和27年)3月29日

清水寺・馬駐の読み方

清水寺の境内には難しい漢字の表記のお堂や御本尊がありますが、馬駐は「うまとどめ」と読みます。

清水寺・馬駐の歴史・由来


スポンサードリンク -Sponsored Link-






馬駐とは、馬を留め置く場所です。

現在では使用されることはありませんが、古来では清水寺へ用のある侍や役人、貴族などが馬を馬駐へ入れて境内にへ入ったことが想像できます。

特に馬を所有していた貴族や武士などは、この馬駐に馬を留めて境内へ参拝したようです。

清水寺の馬駐の創建は不明とされており、現在見ることのできる馬駐の姿は応仁の乱の後の再建の姿となり、つまりは1467年(応仁元年)から1477年(文明9年)の間に再建されたものと考えられています。

清水寺の境内は室町期や室町期以前、その後の1629年(寛永6年)にも全焼しており、この馬駐も再建が重ねられてきた歴史があります。

しかし、室町期の遺構として現存していると言うことは江戸期の大火事は逃れることができたと言うことになります。

これもおそらく境内の入口付近に造営されていたことから仁王門と同様に延焼を回避できたものと思われます。

このように奇跡的に難を逃れた室町時代の貴重な遺構の1つであることから1952年(昭和27年)3月29日に国指定の重要文化財に指定されています。

清水寺・馬駐の建築様式(造り)

清水寺の馬駐は日本全国でも類を見ない貴重な遺構として現存しており、特に注目すべきはその大きさにあります。

馬が5頭入る大きさで横幅が約10.5m、奥行が約5mもあります。

特に目立った特徴はこれと言ってありませんが、馬駐内の区切りの木柵の頭上に位置する「木鼻(きばな)」の白色の塗装が目を惹きます。

尚、正式には現在見ることのできる馬駐は2010年(平成22年)に解体・修繕された時の姿です。

清水寺・馬駐の見所(見どころ)

清水寺の七不思議「馬駐の金具」

実は、ここ馬駐は清水寺の七不思議の1つと云われています。

その理由とは、馬をつないで置くための手綱をかける金具の方向が2つだけ下を向いています。

%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba%e3%83%bb%e9%a6%ac%e9%a7%90%e3%81%ae%e9%87%91%e5%85%b7↑写真(画像)は1つしか写っていないが手前の金具だけ下向きになっている。

大抵の場合、馬駐の金具は少し手前傾ける形で設置されるのですが、清水寺の馬駐はなぜか2つだけしかも別の柱に1つずつ下向きの金具が付けられています。

現代に至ってもこれらの原因が判明していないことから「清水寺の七不思議」と云われています。

清水寺・馬駐の場所

清水寺の馬駐は仁王門の手前左脇に位置します。
尚、清水寺での行事やイベントがある時は、馬駐の前に受付のテントなどが設置されることがあり、ジックリと見学できない場合があります。

馬駐の中の金具を見学したい方は、清水寺へ訪れる前に確認をしておく必要があります。

  • TEL:075-551-1234(清水寺寺務所)
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ