京都・地主神社で働きたい!!地主神社の求人情報「巫女・神職のアルバイト・契約社員・正社員・パート」など

スポンサードリンク

京都・地主神社で働きたい!!地主神社の求人情報「巫女・神職のアルバイト・契約社員・正社員・パート」など

地主神社の求人情報「巫女・神職になる方法」・「アルバイト・契約社員・正社員・パート」情報0

京都・地主神社の「巫女・神職の求人状況」

神社で神職や巫女として仕事をしたいと希望している人がいても、一体どのような方法でそれらの職に就けるのか知らない人は多くいるのではないのでしょうか。

巫女・神職求人募集は実は、求人広告に掲載されていたりハローワークや神職養成機関求人票でされていることがあります。

しかし、数はけっして多くありません。

神職や巫女は、神職の家の子供や近親者、縁のある人が職に就くことが数多くあるために一般募集はほとんどされないのが通例です。

規模の小さい神社に至っては巫女を置かないところが多いことも理由のひとつです。

また、特に社員の募集は公には募集をしないこともあります。

ですから、神職や巫女を目指す人は直接、希望する神社に出向いたり電話で問い合わせるなど、自分の足を使って働くことのできる神社を見つけることが近道になることもあります。

京都にある、ここ地主神社でも、ごく稀に巫女の募集をすることがありますがアルバイトやパートばかりです。

やはり公には募集していないので、地主神社に直接問い合わせをするといいでしょう。

京都・地主神社の「巫女」のアルバイト・パート・正社員でデビューする方法

巫女になるためには女性であるという以外に特に資格は必要ありません。

ただし、年齢が制限されてしまうことがあります。

正社員でも20代後半になると定年となります。

中学を卒業してから勤めても10年程、大学を卒業してからであれば数年しか働くことができません。

このため正社員ではなく「契約社員」として募集することもあります。

アルバイトやパートの募集が比較的多くなるのは年末年始や例大祭期間といった繁忙期になります。

アルバイトやパートさんは、除菌・・あぁ、ゴメン間違い。「助勤(じょきん)!!」と呼称されることがあります。

そして、その仕事内容とは「助勤」と言う言葉のとおり、神社においての神職と正社員の巫女さんのフォローとして、主にお札やお守りの販売と「後片付け(境内と社殿の掃除)」となります。

正社員の巫女さんの求人について

正社員の巫女さんの求人は、高校に出されることが多いです。

その他、神道系の大学などにも出されます。

仕事の内容は、アルバイトやパートの巫女さんとは異なり、「舞」や「所作(作法)」といったことも覚える必要があります。

地主神社の求人情報「巫女・神職になる方法」・「アルバイト・契約社員・正社員・パート」情報他にも神道全般に関してや勤務する神社の歴史なども勉強する必要があります。

神社は、上下関係が厳しく、また休日も一般の企業や公務員とは違いますので少ないです。

しかし、残業は年末年始や正月、GW、例祭以外では、ほとんどなく定時で帰ることができます。

いずれにせよ、神職や巫女となるかぎりは、一般の会社員とは違うので少し意識をあらためる必要があります。

女性の場合は特に、定年が30歳未満までがほとんどなので、その先のキャリアを考えておく必要があります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






ところで・・神職には女性でもなれるの??

神職と聞けば大抵の場合、男性をイメージしてしまいますが、女性でも神職になることができます。

次のキャリアを考え、1つの方向性として神職になると言う選択もあります。

なお、巫女の求人は神社独自で行ったり、近隣の大学や高校に出されることがあります。

参拝者の対応の仕事をするために神社から求められるのは、明るく朗らかな受け応えができる人です。

または見た目が清廉である人です。

清廉とは主に以下のようなことです。

  • 黒髪でフケが少ない
  • 一週間着続けた「腐った服」を着ていない
  • 口臭が「部長の口臭(=ヘドロの臭い)」がしない
  • 足の裏が「馬糞の臭い」がしない

・・などのことです。

また、派手な服装や化粧はご法度ですので、面接の際は充分な注意が必要です。

京都・地主神社の「神職」でデビューする方法

地主神社の求人情報「巫女・神職になる方法」・「アルバイト・契約社員・正社員・パート」情報00神職の求人に応募する場合は、アルバイトやパートはなく、全てが正社員となります。

神職は神道においての概念として「階位」を取得できないと神職として認められません。

「階位」は事実上、神職になるために必要不可欠な資格ということです。

階位は神社本庁で発給されています。

階位を取得するためにはいくつかの方法があります。

ひとつは、神道を学ぶことができる大学を卒業後に神社での研修を2年間行います。

日本国内に該当する大学は2校あります。

そしてもうひとつは、神社が運営する神職養成所で修行して階位を取得するという方法です。

神道の学校へ通うの難しい場合

神道の学校へ通学するのが難しい人は、己で神道の勉強をして取得する方法もあります。

つまり、独学と言うことになります。

「階位検定」という試験のための講習会や通信教育といったものがありますので、教育を受けた上で試験に合格すれば資格を取得することができます。

神社に神職として就職することを「奉職」といいますが、その内容としては、主に以下のようなことを神社内だけではなく現地に出向いて行うということになります。

  • 神社の管理や環境の維持
  • 祈祷や儀式、作法

また、参拝者の対応(接遇)をするということも大切な仕事のひとつです。

なお、巫女のメインとなる仕事の内容の1つとして、神職の仕事の補佐や補助をすることが列挙されます。

地主神社の求人一覧・詳細はコチラから
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ