京都・清水寺「奥の院」【重要文化財】【洛陽三十三所観音霊場番号・第十一番札所】

スポンサードリンク

京都・清水寺「奥の院」【重要文化財】【洛陽三十三所観音霊場・第十一番札所】

創建年

不明
推定:778年(宝亀9年)※草庵時代
推定:平安中期から鎌倉時代※奥の院

再建年

1633年(寛永10年/江戸時代)
2013年(平成25年)

建築様式(造り)

懸造り
寄棟造
一重

大きさ

四辺五間(一辺:約12m)

屋根の造り

檜皮葺

御本尊

三面千手観音

脇侍

地蔵菩薩(現世を釈迦に成り代わり見守る菩薩さま)
毘沙門天(二十八部衆の一尊・七福神の一尊)
二十八部衆(千手観音の眷属・配下)
風神
雷神
弘法大師像(真言宗の開基)

重要文化財指定年月日

1966年(昭和41年)6月11日

洛陽三十三所観音霊場番号

第十一番札所

清水寺・奥の院の読み方

清水寺の境内には難しい漢字の表記の堂舎や仏像がありますが、奥の院は「おくのいん」と読みます。

また別名で「奥の千手堂」または「奥千手院」他に「多宝寺」とも呼称されています。

ところで・・「奥の院」とは?「奥の院の意味」

奥の院とは、通常であれば寺院の境内・本堂の後方の山内などに位置する堂舎のことで、本堂と同等と言えるほどの重要な堂舎になります。

大抵の場合、奥の院にはその寺院の創建に携わった人物や、寺のために功績を残した人物、代々の住職などが祭祀されています。

この他、秘仏の仏像も安置されていることがあります。

また、現代では「奥の院」を少し捩って(もじって)使用する場合があります。

例えば、社長を後方から操る「会長」のことを指したり、はたまた、その影でトップを操る人物のことや機関のことを「奥の院」と呼んだりします。

清水寺・奥の院の歴史・由来

この奥の院の歴史は古く、清水寺の創建以前から存在していたと云われています。

それもそのハズです。なんと!清水寺を創建した行叡居士(ぎょうえいこじ)と、開山延鎮上人(えんちんしょうにん)が修行を重ねた際、草庵として使用していたのがこの奥の院の起源と伝えられているからです。

以降、平安時代中期から鎌倉時代の間に現在の奥の院が創建されたと云われています。

しかし残念なことに、以降、この京都・清水寺は記録に残っているだけでも、1063年(康平6年)から1629年(寛永6年)の間に9回も焼失しています。

1629年の火災も応仁の乱の時と同様に被害が大きく、境内の中心部から離れた場所に建っていた仁王門などを残し、ほとんどが焼失しています。

その後、1633年(寛永10年/江戸時代前期)に3代目将軍・徳川家光によって伽藍全体が再建されており、現在見ることのできる清水寺のほとんどの寺観は、この再建時の姿です。

清水寺・奥の院の建築様式(造り)

現在見ることのできる奥の院は、質素で簡素な単色の白木造りの堂舎に見えますが、創建当初は極彩色であったと伝えられ、間近でよく見ると随所に彩色が残っていることが分かります。

これらの彩色は安土桃山時代から江戸時代前期の頃の特色を多く残すもので、創建当初はおそらく君のたなびく長い髪のように美しい極彩色の堂舎であったと云われています。

ちょっと!奥の院を離れてみてください。

写真でも良いです。本堂の舞台の上からでも奥の院を観ることができます。

あることに気づきませんか?

奥の院をよく観ると規模は小さいですが、本堂と同じく「懸造りの舞台」が設置されているが分かります。

また殿舎も正方形の寄せ胸造・・あいやいやいや間違い!「寄棟造り」!!であり、さらに屋根の材質も本堂と同じく檜皮葺(ひわだぶき/薄いヒノキ材を敷き詰めた屋根)です。

これは本堂を模して造営されたために本堂を小さくしたような造りになっています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






清水寺・奥の院のご本尊と祀られている仏像・一覧

奥の院の内部には、以下のような仏像が安置されています。

本尊

三面千手観音菩薩座像

脇侍

地蔵菩薩(現世の守護者)
毘沙門天(七福神の1尊・二十八部衆の1尊)
二十八部衆(千手観音の眷属)
風神像
雷神像
弘法大師像(真言宗の開基)

弘法大師像と真言密教を開いた大師・空海のことです。

大師が清水寺が祭祀されている理由は、平安時代の中頃、なんと!この清水寺は「真言宗」も取り入れて、従来の法相宗と兼宗する形で成り立っていたと伝えられています。

しかし明治時代初期に修験道の一派でもある「真言宗醍醐派」に属します。

1885年(明治18年)に再び法相宗に戻ることになりますが、1965年(昭和40年)に当時の住職であった大西良慶和上によって「北法相宗」と称する独自の宗派を打ち立て独立するに至ります。

ご本尊・三面千手観音菩薩座像は240年間だれも見たことがなかった

また奥の院のご本尊「三面千手観音菩薩座像」は、像高63.4㎝の割りと小ぶりな仏像で、平安時代末期から鎌倉時代の間に造像された仏像ですが、姿形・作風からみて快慶・運慶に代表される「慶派仏師」の作と考えられています。

大抵、千手観音菩薩像は立ち姿の立像として造像されている例が多く、座像姿の千手観音像は珍しいとのことから、2002年(平成14年)6月26日に国の重要文化財の指定を受けています。

ちなみに、この奥の院の千手観音菩薩は秘仏となり、通常は一般公開されていません。

前回は2003年(平成15年)に約243年ぶりに「奥の院御本尊御開帳」と銘打って、特別に一般公開されています。

現在は不定期で特別に一般公開されますので、奥の院のご本尊を拝観されたい方は清水寺のホームページをチェックしてみてください。

 

奥の院のご本尊に関しての詳細は当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

京都・清水寺「木造・三面千手観世音菩薩像」【秘仏】【重要文化財】

奥の院の仏像が33体ある「本当の意味」とは?

ちょっと上↑でご紹介した仏像の一覧をみてください。

28部衆と他に5体の仏像があり、合計で33体の仏像があるのを確認できませんか?

実はこれには理由があることはあまり知られていません。

奥の院の仏像が33体ある理由とは、なんと!清水寺の御本尊・千手観音菩薩の教理とされる「33変化の衆生救済」に由来しているからだと云われています。

ちなみに、あまり知られていませんが、奥の院の仏像は本堂と類似した仏像が安置されていますが、基本的にすべての仏像が本堂の仏像よりも像高が低く造られています。

毘沙門天像と地蔵菩薩像

奥の院の御本尊の脇侍とされるのが、本堂と同じ毘沙門天像と地蔵菩薩像になります。

  • 毘沙門天像は像高112.4㎝、鎌倉時代末期の造立
  • 地蔵菩薩は87.7㎝、平安時代末期の造立

双方とも目の部分が玉眼ではなく彫られていることから、古様式で造像された仏像であると捉えることができます。

ちなみに玉眼とはガラスを仏像の目ン玉の部分に合わせてハメ込む技法です。

ド頭の部分は中が空洞なので容易くキレイにハメ込むことができます。

玉眼をくっ付ける際は木屎(こくそ)という木くずと漆をコネ合せたものをペタペタと塗りたくり固定します。

玉眼は平安時代末期の仏像にはじめてハメ込んでいるのが確認されていることから、玉眼を用いず直接、彫られた仏像はそれだけで年代判定の材料となります。

二十八部衆像

奥の院にも本堂と同じく28体の仏像が安置されていますが、本堂と決定的な違いは像高と造立年代です。ウフ

  • 二十八部衆像は江戸時代初期の造立

奥の院の二十八部衆像の像の中からは、ぬぅあんとおぅ!OHいぇ~七条仏所(しちじょうぶっしょ」と書かれた墨書が見つかっているとのことです。

「七条仏所」とは、別名で「七条大仏所」とも呼称し、かつては現在の京都駅と七条駅の間に存在した場所で、早い話が仏像を造立(制作)した場所です。

七条仏所には平安時代中頃の慶派の仏師たちが、自らの家族たちも呼び寄せて集まって共同生活を送った場所であり、一種の仏師集落であったと云われています。

七条仏所跡地の地図と場所

 

現在の七条仏所跡地の写真

現在の七条仏所はどうなっているのかと言いますと、残念ながら「七条仏所跡地」としてだけ残っています。

七条仏所跡地の周辺には由緒書きが記された看板が立てられているのみで民家が建っています。

ご興味のある方は訪れてみてください。京都駅から徒歩約5分ほどの距離です。

 

清水寺・奥の院の見どころ

清水寺の奥の院は「奥の院」というだけあって、他の堂舎とは一線を画した以下のような見どころがたくさんあります。

 

ふれ愛観音

仏師の故西村公朝作の仏像になり、名前を「ふれ愛観音」と呼称します。

西村氏の心情がそのまま投影されたような仏像になり、目の不自由な人でも手で触って拝めるといったことを願って造像された仏像です。

仏像は通常、造像した人物の人物像や背後関係が投影されることが多いのですが、まさにその典型的な例と言えます。

濡れ手観音


奥の院の堂舎の裏手には石製の垣で造られた大きな手水鉢のようなものがあります。

この手水鉢の中央にには観音様が立っていて、手前にある柄杓(ひしゃく)で水をすくって観音様に直接かけてお祈りする「水掛け観音様」になります。

なんでも水をかけて祈りをささげることによって水垢離行(みずごりぎょう/=水行/素っ裸になって滝などでド頭から水を浴びること)をしたことと同じだけのご利益(煩悩消除)や功徳を積むことができるというありがたい観音様です。

ニックネームとして「煩悩」と付いてもおかしくないような救いがたい強欲者は是非!

濡れ手観音の参拝方法

まず、手前の蓮華水盤に置いてある柄杓を手にとって水を汲みます。

柄杓をこぼさないように濡れて観音様まで持って行き、両肩に水をかけます。

かけ終わったら柄杓をもとに戻し、濡れて観音様の前で静かに合掌し、祈りをささげます。

尚、この水は真下に流れる音羽の滝と同じ水であり「観世水」や「金色水(こんじきすい)」とも呼ばれるほど神聖視されている御水になります。

秋の「紅葉シーズンの奥の院周辺の景色」と「奥の院から観る舞台の錦雲渓」

よく清水寺の写真などを見ると舞台と、その下の「錦雲渓(きんうんけい)」が写されていることが多いですが、これらの景色はこの奥の院や、その真下あたりの子安の塔へ続く、崖沿いの参道で撮影された写真になります。

秋の紅葉シーズンを迎えると、それはそれは着物姿の君のうなじから見える妖しく美しい秋の真髄をおがませてくれます。

是非!カメラを持参して清水寺へ訪れてみてください。

清水寺・奥の院の御朱印

この奥の院にもオリジナルの御朱印が授与されています。

中央に「大悲閣」と墨書きされた御朱印になります。

大悲閣」と記載された御朱印は、他に「本堂」「朝倉堂」「善光寺堂」「成就院」がありますのですべて授かりたい方は要注意です。

  • 御朱印の授与場所:奥の院堂内
  • 御朱印の値段:300円

「大悲閣」の言葉の意味については、下記↓の別ページにてご紹介しています。

京都・清水寺「成就院」

清水寺・奥の院の場所とアクセス(行き方)

清水寺の奥の院は「音羽の滝」の真上に位置します。
本堂・舞台の奥へ進んだ先、阿弥陀堂の裏手あたりになります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ